このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第599回

新潟県燕三条の挽物屋と地場のプロダクトデザイナーが創る「ペンジャケット」を試す

2020年09月17日 12時00分更新

文● T教授 撮影●T教授 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

プラマンとジェットストリームの両替え芯を生かす地場デザイン企業「FD.inc」と燕市の挽物屋「和田挽物」のコラボで生まれたペンジャケットThe JacketがCoolだ

 筆者が友人達とやっているThinking Power Projectでは、大学ノートの老舗である東京下町のツバメノートとコラボしてオリジナルデザインの大学ノートや、国内外のデザイナーさんと協業してタイベック素材の「ThinkAero」と呼ばれるかばんなどを企画開発して楽しんでいる。

FD.incは某社にOEM提供したThinking Power Project企画制作のドーナツケースやKACHA等のプロダクトデザインやパッケージでも、お世話になっている地元デザイン企業だ

 実は定番アイテムであるオリジナルデザイン大学ノートやかばん以外にも、いろいろな"おもしろガジェット"の商品企画やOEM製品提供などもやっている。

贈答品のようなパッケージでThe Jacketは送られてきた

トラディオ・プラマンやジェットストリームの替え芯を利用する
ペンジャケットがクラウドファンディングに登場

 そんなガジェットデザイン周りを支援してくれているプロダクトデザイナーの知人が、ぺんてるの世界的ベストセラーであるトラディオ・プラマンの替え芯や三菱ジェットストリームの替え芯を利用するペンジャケット「The Jacket」の提供を、クラウドファンディングで立ち上げた。今回は、その試作モデルを試す機会を得たので、ぜひとも読者諸兄にもご紹介したい。

筆者に送られてきたThe Jacketは、マットレッドのジェットストリームボールペンとマットシルバーのプラマンモデルの2種類。前者はすべてのパーツがアルミ製。後者のキャップはソリッドな真鍮製だ

 デザイナーから送られてきた試作版のThe Jacketは2種類。カスタムデザインの専用コルク製パッケージにキッチリと収まって、2段重ねで丁寧な和菓子のような包装で送られてきた。筆者が受け取ったのはマットシルバー(プラマン黒芯)とマットレッド(ジェットストリーム黒芯)の2種類だ。

2本のいずれも140mm少々でトラディオ・プラマン等とサイズ的にはほぼ同じ

 筆記具の世界では、コアの素材としてその品質や機能性が素晴らしく、適価で安定供給のできるリフィル(替え芯)には昔からその替え芯を利用し外装をユニークな見栄えにして、個性的なデコレーションに変更してくれるアドオン商品は多い。

 特にボールペン系では替え芯の開発製造に多くの費用や、期間、製造設備が必要なために多くの筆記具メーカーは数少ない専業他社の製造している替え芯を利用することが多い。ステーショナリーの世界では、他社の替え芯を利用して自社ブランドのボールペンとして販売するのはきわめて一般的なのだ。

 一方、同業他社の筆記具メーカーではないが、どこでも入手可能で広く世界に流通している替え芯を利用して、外装パーツだけを販売する小企業やベンチャーも、昔からそれなりにいろいろ存在する。

BICボールペンのようなデファクトスタンダードボールペンには、ずっと昔からジャケットビジネスは一般的だ

 筆者の大好きなボールペンの一つであるBICボールペンも、ある面では、素材と見られている商品の一つだ。筆者が長く愛用しているBICボールペン専用のジャケットは超軽量のアルミ製で、ごく普通に販売されているBICボールペンをキャップだけ外して後はそのまま収納してしまうサードパーティー商品だ。

 ブランドの大きな特長でもある、BICボールペン本体のオレンジ色を完璧に隠してしまうことには、ユーザとしては意見が分かれるかもしれないが、オリジナルジャケットでごく普通のBICボールペンが様変わりする楽しさに、憧れるユーザも多いはずだ。

最近ではDelGuardやKURUTOGA等のシャープペンシルのジャケット(上)やSTABILOのマーカー専用ジャケット(下)もごく一般的だ

 同じくけっこう歴史あるSTABILOのマーカーを太軸の万年筆のように変身させるジャケットや、最近ではDelGuardやKURUTOGAなどの折れないシャープペンシルをタフな外観のアルミニウム装甲に変更するジャケットなども人気の商品だ。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン