前へ 1 2 3 4 次へ

MSIの「GP63 Leopard」はゲームだけでなくパワフルな業務にも最適

文●中山 智 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MSIのゲーミングノートPCは、第8世代のインテルCoreプロセッサーの採用でラインナップをリフレッシュしている。そのなかでパフォーマンスと価格のバランスに優れたメインストリームモデルが「GP63 Leopard」だ。

MSIのゲーミングノート「GP63 Leopard」

 CPUは6コア12スレッド対応の「Core i7-8750H」(動作ロック2.2GHz/ターボ時4.1GHz)を採用し、メモリーは16GB、GPUはNVIDIAの「GeForce GTX 1060 6GB GDDR5」を搭載している。

 今回のリフレッシュでハイエンドではCore i9やGeForce GTX 1080を搭載したモデルも登場している。そのためGP63 Leopardのスペック的にそれよりも下に位置するが、そのぶん価格は23万円前後とハイエンドモデルの約半分で、コストパフォーマンスは高いと言える。

6コア12スレッドで動作するCore i7-8750Hを搭載

 内蔵ストレージはSSDとHDDの両方を搭載し、容量はSSDが256GB、HDDは1TBとなっている。ディスプレーは15.6インチ(1920×1080ドット)。ノングレアタイプでリフレッシュレートは120Hz、応答速度は3msとゲーミングノートとしては十分の性能だ。

 6コア12スレッドのパワフルなCPUを採用しているため、冷却システムを強化しているのもポイント。ハイエンドモデル向けだった7本のヒートパイプと31ブレードのファンを2基の組み合わせによる「Cooler Boost 5」を搭載。ファンによる排出口は本体背面と側面の合計4つで、エアフローは従来のモデルと比べて20%も向上しているという。

本体底面にも大きなスリットがあり、冷却効果を高めている

本体右側面の排出口

本体背面にも大きな排出口がある

前へ 1 2 3 4 次へ

この記事の編集者は以下の記事もオススメしています

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
2020年
01月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2017年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
2016年
01月
03月
05月
06月
09月
11月
2015年
01月
03月
04月
06月
2014年
05月
06月
09月
10月
11月