このページの本文へ

MSI、第9世代インテルCoreプロセッサーを搭載したゲーミングノートPCなど

2019年05月07日 17時30分更新

文● ラモス/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エムエスアイコンピュータージャパンは5月7日、ゲーミングノートPCとクリエイターノートPCシリーズを発表した。販売は5月17日から順次開始。

 GP75 Leopardは「GP75-9SE-448JP」と「GP75-9SD-449JP」を用意。両モデルともに、6コアCPUのCore i7-9750HとGeForce RTX 2060、GeForce GTX 1660 Tiの組み合わせで、バトルロイヤルゲームに最適なゲーミングパフォーマンスを提供するという。リフレッシュレート144Hzのゲーミング液晶パネルを採用したので、動きの激しいゲームでも滑らかな映像表示を実現するとのこと。16GBメモリー、256GB SSD、1TB HDDを装備。価格はGP75-9SE-448JPが25万3000円前後で、GP75-9SD-449JPは22万8000円前後。

 GS75 Stealthは「GS75-9SG-400JP」と「GS75-9SE-401JP」をラインナップ。GS75-9SG-400JPはGeForce RTX 2080 Max-Qデザインを採用。CPUはCore i7-9750H、16GBメモリー、512GB SSDを搭載する。薄さは18.95mmで、重量は2.28Kg。価格はGS75-9SG-400JPが43万5000円前後で、GS75-9SE-401JPは29万8000円前後。

 GS65 Stealthは「GS65-9SG-468JP」と「GS65-9SF-469JP」を用意。リフレッシュレート240Hzの液晶パネルを搭載するほか、両モデルともMax-Qデザインを採用した。CPU、メモリー、SSDはGS75 Stealthと同じ。グラフィックスはGS65-9SG-468JPがGeForce RTX 2080、GS65-9SF-469JPがGeForce RTX 2070。薄さは17.9mmで、重量は1.9Kg。価格はGS65-9SG-468JPが42万3000円前後で、GS65-9SF-469JPは35万1000円前後。

 GT75 Titan「GT75-9SG-292JP」はCore i9-9980HK、GT63 Titan「GT63-9SG-046JP」はCore i9-9880Hを採用。両モデルともに、GeForce RTX 2080、32GBメモリー、512GB SSD、1TB HDDを装備。価格はGT75-9SG-292JPが53万9000円前後で、GT63-9SG-046JPは49万6000円前後。

 GE75 Raiderは「GE75-9SG-438JP」と「GE75-9SF-439JP」を揃えた。両モデルともに、ベゼル最薄部5.7mmの狭額縁デザイン液晶パネルを採用し、Core i7-9750Hを搭載。グラフィックスを確実に冷却できる、超強力冷却システム「Cooler Boost 5」を採用した。リフレッシュレート144Hzのゲーミング液晶パネルや、Per-Key RGBに対応したSteelSeriesゲーミングキーボード、Hi-Resオーディオ対応ヘッドフォン出力端子などを採用している。16GBメモリー、512GB SSD、1TB HDDを装備。価格はGE75-9SG-438JPが41万5000円前後で、GE75-9SF-439JPは32万9000円前後。

 GF75 Thin「GF75-9SC-062JP」と、GF63 Thin「GF63-9SC-082JP」は、Core i7-9750HとGeForce GTX 1650を搭載。従来モデルよりも多くのPCゲームをフルHD解像度で快適に楽しめるという。薄さと軽さにも注力した設計で、旅先にも持ち運べるとのこと。16GBメモリー、512GB SSD、1TB HDDを装備。価格はGF75-9SC-062JPが19万4000円前後で、GF63-9SC-082JPは16万7000円前後。

 P65 Creatorは「P65-9SE-472JP」と「P65-9SE-473JP」を用意。両モデルともに、Core i7-9750H、GeForce RTX 2060、冷却システム「Cooler Boost Trinity+」を採用した。3D CADや3Dアニメーション作成ソフト、3Dゲーム開発、動画編集など、さまざまなクリエイティブ用途で高いパフォーマンスを発揮するとうたう。薄さは17.9mmで、重量は1.9Kg。

 P65-9SE-472JPは、16GBメモリー、512GB SSDを装備。P65-9SE-473JPはP65-9SE-472JPと同容量のSSDにくわえ、32GBメモリー、超高解像度4K液晶パネルを搭載している。価格はP65-9SE-472JPが25万8000円前後で、P65-9SE-473JPは28万8000円前後。

 PS63 Modern「PS63-8SC-035JP」は、15.6型で狭額縁デザインの液晶パネルを採用。GeForce GTX 1650 Max-Qデザインを搭載することで、GPUパフォーマンスが向上したという。3D CADや3D CG作成ソフト、3D CGコンテンツ作成ソフトが快適に使えるとのこと。16GBメモリー、512GB SSDを装備。薄さは15.9mmで、重量は1.6Kg。価格は19万9000円前後。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン