このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

PUBGに最適なドン勝できるMSIのゲーミングノートPC

2018年02月22日 11時00分更新

文● 鈴木雅暢 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ドン勝のために……
ゲーミングノートPCという選択肢

 PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)が絶好調だ。孤島に降り立った100人が、戦略、エイム技術、そして運を駆使してバトルロワイヤルを繰り広げ、最後の1人を目指す緊張感のある内容がユーザーを魅了し、世界中で大ヒット。日本においても「ドン勝」というパワーワードを生み出した。

 長い間オープンβの状態が続いていたが、2017年12月に製品版となり、ますますパワーアップ。グラフィックスやサウンドの品質向上、アイテムの追加やマップ拡張も行なわれ、ゲームとしての完成度が増しており、勢いはいまだ健在だ。「ドン勝」を求め、日々ゲーマーが戦いを繰り広げている。

大人気のPUBG。最後の1人に残ると表示される「夕飯はドン勝だ!!」というメッセージが表示されることでおなじみ。「ドン勝」を見るためにプレイヤーたちがしのぎを削っている

 このPUBG、シンプルなゲームなのだが、かなりグラフィックスの負荷が高い。PUBGのためにPCを用意するならできるだけ高性能なPCがお勧めだが、大型のデスクトップPCは抵抗があるという方は、近年性能向上がめざましいゲーミングノートはどうだろうか。

 NVIDIAのPascal世代のノートPC向けGPUはデスクトップ向けGPUと変わらない性能を持っており、ここ1年~1年半ほどでゲーミングノートの性能は飛躍的に向上している。

 MSIのGP62MVR 7RFX Leopard Proもその1つ。NVIDIAのGeForce GTX1060を搭載し、Core i7-7700HQ、16GBメモリーなど、ゲーミングPCとして申し分ないスペックを備えつつ、20万円を切る価格で販売されている高コスパゲーミングノートだ。PUBGでどのくらい使えるのか、性能や使い勝手をチェックしよう。

MSIの「GP62MVR 7RFX Leopard Pro(1223JP)」は、GeForce GTX1060、Core i7-770HQを搭載した高性能高コスパのゲーミングノートPCだ。実売価格は18万9800円

デスクトップPCにはない可搬性

 ボディーのサイズは、383×260×22~29mm。すっきりとしたシャープなフォルムで、重量も約2.2kgと重すぎることなく、室内の移動であれば苦にならない。高価な製品の中にはこれよりも薄くて軽い高性能ゲーミングノートPCもあるが、数年前の感覚からいえば驚きといってもいい扱いやすさがある。

 本体がスリムでも剛性に不安があったり、ACアダプターが巨大だと持ち運ぶことはできないが、ボディは金属製でカッチリした剛性感があるし、ACアダプターも実測で75×153×32mmと、それほど大きくない。いざという時には持ち運びもできるだろう。

ヘアライン加工で仕上げられたシンプルな天面。中央のドラゴンは電源オン時には白色LEDで控え目に光る底面には通気口が多数開けられており、中のヒートパイプを使った冷却機構やメモリーなども確認できる
左側面には、USB 3.1 Type-Cと2基のUSB 3.0のほか、HDMI、MiniDisplayPort、有線LANなどがある。オーディオ端子はこだわりの金メッキ仕様だ右側面には、USB 2.0とSDメモリーカードリーダー(SDXC、UHS-I対応)がある
液晶ディスプレーのサイズは15.6型、表示解像度は1920×1080ドットに対応する。液晶の配向方式は記載がないが、上下の視野角が狭くTN方式と思われる

GeForce GTX1060搭載で
ほとんどのゲームが快適にプレイできる

 スペックを見よう。ゲーミングノートPC、それもPUBGをプレイするという目的であれば、もっとも重要なのは、GPUだ。これはNVIDIAのGeForce GTX1060(3GB)を搭載する。

 「ノートPCでこのスペックは足りないんじゃないか?」と思った方は、おそらく数年前のゲーミングノートPCのイメージを持っている方だろう。数年前のGPUの場合、たとえば、デスクトップ向けのGeForce GTX970とノートPC向けのGeForce GTX970Mは、同じような名前にもかかわらず、スペックも実際の性能も段違いだった。

 しかし、Pascal世代で大幅な電力効率の改善に成功したことから、NVIDIAはノートPC向けでもデスクトップPC向けとノートPCのスペックに差を付けるのをやめ、末尾に「M」を付けるのもやめている。

 デスクトップPC向けのGeForce GTX1060同様、フルHD解像度であれば、ほとんどのゲームを十分な画質で快適にプレイすることができる。実際にどのくらいの性能なのかは後ほどベンチマークテストで確認する。

GPUにはGeForce GTX1060(3GB)を搭載。デスクトップPC向けのGeForce GTX1060(3GB)と同様、フルHD解像度であれば、ほとんどのゲームは十分な品質でプレイできる

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン