このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

キーボードが赤く輝く! GeForce 1050 Ti搭載のMSI製ゲーミングノートPC「GV62」

2017年10月26日 17時00分更新

文● 竹内 亮介 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 最近はGPUを搭載し、PCゲームへの適性を高めた「ゲーミングノートPC」が増えている。MSIが9月15日に発売した「GV62 7RE(1855JP)」(以下GV62)も、その1つだ。

MSIのゲーミングノートPC「GV62 7RE(1855JP)」

 CPUは4コア8スレッド対応のCore i7でメモリーは16GB、GPUにはNVIDIAの「GeForce GTX 1050 Ti」を搭載し、ノートPCながらデスクトップPCに勝るとも劣らない性能を発揮する。そして高性能なCPUやGPUをしっかりと冷却できる冷却システムを搭載し、ゲーミングPCらしい先進的なデザインを備えることにも注目したい。

CPUとGPUを安定動作させるための
高性能な冷却システム

 GV62は、15.6型でフルHD解像度対応の液晶ディスプレーを搭載するノートPCだ。CPUは4コア8スレッドに対応する「Core i7-7700HQ」で、定格の動作周波数は2.8GHz。Turbo Boost時は3.8GHzまでアップする。

 外部GPUとしてGeForce GTX 1050 Tiと4GBのGDDR5メモリーを搭載し、システムストレージは128GBのSSD、データストレージは1TBの2.5インチHDDという構成だ。発売はヨドバシカメラ限定で、実売価格は16万5000円前後だ。

天板はMSIのロゴとエンブレムがデザインのワンポイントとなっている
右側面にはUSBポートとSDHC/XC/UHS-I対応SDカードスロットを備える左側面にはUSB 3.0のType-Cコネクターやクアルコム・アセロス 製のギガビットLANなどを用意

 このように高性能なPCながら、幅383mmで奥行き260mm、厚みは22~29mmと、16型前後のノートPCとしては一般的なサイズ感に収まっている。キーボードはゲーミングデバイスで有名な「SteelSeries」製の本格派で、テンキーも装備するタイプだ。キータッチはやや軽めで、指を軽く乗せていくだけでタンタンと軽快にタイプできる。

テンキー付きのキーボードを搭載、パームレストも広く快適にタイプできる赤いバックライトが仕込まれており、暗い場所でもタイプしやすい

 ただし一番上に並んでいる各種機能キーについては、黒いキートップに赤文字という色のチョイス、そしてそもそもフォントが小さいと言うこともあり、どこに何があるのかが少々わかりにくい印象だ。このほかのメインキーやテンキーについては、視認性に問題を感じることはなかった。

 キーボードの下には⾚いバックライトが仕込まれており、天板やキーボード⾯にはヘアラインデザインが施されている。底面はプラスチック製だが、塗装でうまく金属の質感を演出しており、全体的に近未来的な印象を受ける。いわゆるビジネス向けのモバイルノートPCとは一線を画した、ゲーミングPCらしいデザインと言える。

キーボードは、ゲーミングブランドSteelSeries製のものを採用している
グレーのカラーリングは、MSIのゲーミングノートとしては初。ヘアライン加工仕上げが施され、高級感がある

 高性能なパーツを安定して動作させるには、高性能な冷却システムも欠かせない。とくにゲーミングPCでは、CPUに匹敵する発熱源となる外付けGPUを搭載しており、冷却の重要性は大きい。

 そこで本機では、2個のファンと6本ものヒートパイクを組み合わせた大がかりな冷却システム「Cooler Boost 4」を搭載しており、高性能なCPUやGPUをしっかりと冷却できる。多くの外気を取り込むため、底面の広い範囲をメッシュ構造にしており、このメッシュ越しに、Cooler Boost 4のヒートパイプやファンが見える。

2基のファンと6本のヒートパイプによって構成されたMSI独自の冷却システム「Cooler Boost 4」。CPUには2本の専用ヒートパイプを割り当て、GPUには4本のヒートパイプと2基のファンで効率的に冷却できるよう設計されている
底面はCooler Boost 4の周りが広くメッシュ構造になっている

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン