このページの本文へ

千葉銀行の口座照会機能を開発支援

アプリ開発ツール「Yappli」が銀行APIと連携、「ちばぎんアプリ」にて口座照会機能追加

2017年03月23日 09時00分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 クラウド型アプリ運営プラットフォーム「Yappli」を運営するファストメディアは3月21日、千葉銀行が提供する「ちばぎんアプリ」において、APIを利用した「口座照会機能」の開発支援を実施したと発表。

 ちばぎんアプリは、フィンテックを活用した顧客サービスとして、2016年6月にリリースしたiOS/Android向けアプリ。

 今回、Yappliと銀行APIが連携し口座照会機能が実装されたことで、千葉銀行に口座を持つ個人のユーザーは、アプリから4桁のパスコードを入力するだけでいつでも残高・入出金明細を確認することができる。

 Yappliは、今後もさまざまな銀行APIと連携し、金融機関のフィンテック開発を支援していくという。

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ