このページの本文へ

個人が利用&参加しやすいクロークサービス

個人所有の空きスペースで荷物を預かるサービス「monooQ」

2017年03月03日 12時00分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Libtownは3月3日から、C to Cクロークサービス「monooQ(モノオク)」を提供開始すると発表した。

 monooQは、個人間の荷物預かりを実現するシェアリングサービス。利用者は日常生活において手軽に荷物を預け、身軽に行動できるようになる。荷物の預かり手(ホスト)は、押し入れやロフト、クローゼットの一角、机の下など自宅やオフィスにある空きスペースを有効活用することが可能となる。

 また、荷物の受け取り場所を交渉できるなど、利用者もホストも自分のニーズに合わせてサービスを使える。

 サービス開始時はウェブブラウザーでの提供となる。利用料金は、目安としてスーツケース2個で1日1000円だが、荷物の量や大きさ、そのほか付加サービスによってホストが金額を設定できる。

 荷物の預かり場所は、現時点で浅草や渋谷、横浜といった観光スポット周辺に12ヵ所設置。今後、都内を中心に預かり場所を順次増やし2017年内に1000ヵ所まで拡大する予定だという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ