このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「スタートアップDive!」第4回

個人サービスを売買できるシェアリングサービス『エニタイムズ』を体験してみた

2016年06月01日 06時30分更新

文● 柳谷智宣 編集●北島幹雄

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 魅力的でパワフルなスタートアップのサービスを実際に体験して取り上げる本連載。第4回は、生活密着型シェアリングエコノミーサービス「エニタイムズ」を紹介する。個人でできることを売買するマーケットプレイスだ。

生活密着型シェアリングエコノミーサービス「エニタイムズ」で人の手をリーズナブルに活用させてもらう
エニタイムズ
プラットホーム ブラウザ、アプリ 企業名 株式会社エニタイムズ
代表 角田千佳 設立 2013年5月1日
取引形態 CtoC 利用料金 1000円~/報酬あり

料理や掃除、洗濯から撮影、ペンキ塗りなどを人に頼める

 ネットで仕事を発注できる仕組みとしては、クラウドソーシングというものがある。基本的にネット上で発注し、原稿などの成果物をメールなどで納品してもらうのがふつうだ。しかし、もっと身近な仕事を依頼したい、というニーズもある。例えば、家の掃除、犬の散歩、買い物、料理など。何でも屋があればいいのだが、近所にあるとは限らないし、予算の都合もある。

 そんな時にチェックしたいのが「エニタイムズ」。2013年に設立されたスタートアップで、誰かに手伝ってほしいことを募集し、自分が得意なことを提供する、という“個人でできること”のシェアリングサービスだ。「助け合いコミュニティ」や「生活密着型シェアリングエコノミー」と呼ばれることもある。

 クラウドソーシングと違って、実際に対面するというのが特徴。もちろん、安心・安全に利用するためのいろいろな工夫があるのだが、まずは利用してみた。「エニタイムズ」は現在、ウェブ版とiOSアプリが公開されている。Android版は準備中とのこと。なお、取材後にサービスがリニューアルされており、UIや表記が一部変更されている。とはいえ、ほぼ同じ手順で利用できるのでご了承いただきたい。

「エニタイムズ」のウェブページ
エニタイムズ
エニタイムズのホームページからサインインする。メールアドレスとパスワードを登録してもいいし、Facebookアカウントを利用してもいい

依頼を受けるまで:筆者が得意なデジタル分野にチャレンジ

 まずは、仕事を受けてお金を稼いでみる。「仕事をする」を開くと、多数の依頼が一覧表示される。内容と報酬、希望日、場所などが表示されているので、気になる項目をクリック。

 多く目に付いたのが、掃除の依頼だった。Airbnb物件の掃除が多いようだ。他には電話代行、写真撮影、フライヤー作成、子供のかけっこ指導、犬の散歩、料理、鑑定、ペンキ塗り、ファッションコーディネート、ヨガのレッスンなど様々な依頼が登録されていた。依頼料金は1000~1万1000円くらい。最多価格帯は2000~5000円だ。

 いろいろと見ていると、「MacbookAirの使い方を教えてください」という依頼があったので応募してみる。契約金額は3000円で登録されており、システム手数料15%を引いた2550円が筆者の報酬金額となる。

 応募後、メッセージでやり取りをするのだが、ここがエニタイムズを利用する上でのキモになる。「依頼詳細」ではわからないことをきちんと話し合って、内容を詰め、日時や場所を確定していく。その際、お互いが信頼できるかどうか、きっちりコミュニケーションする必要があるのだ。相手のスキルなどは担保されていないので、ここですりあわせておかないとトラブルになりかねない。特に依頼する側はきちんと確認したい。サービスを提供する側も、自分に決めてほしいからといいことばかりを言うのではなく、相手の要望にきっちり応えられるかどうかを確認しておきたい。

「依頼を見る」から気になる仕事をチェック「応募手続きへ」から応募する
メッセージ機能で段取りを詰めるiOSアプリも利用できるので、密なコミュニケーションを取ろう

MacbookAirの使い方を伝授してみた

 メッセージでやり取りして午前中に渋谷の喫茶店で待ち合わせることに。依頼者はakarinさん。Macbookデビューらしく、いろいろな周辺機器やウェブサービスの使い方がわからないようだった。もちろん、筆者が得意なデジタル範囲なので、一つずつ回答していく。その間、色々と雑談をしたのだが、akarinさんいつも依頼を受ける側で、自分で依頼をするのは初めてだという。料理を作る依頼を多く受けており、独身男性に数日分を作り置く案件がよくあるそうだ。

 雑談やMacbookとは関係ない質疑応答までしていると、あっという間に1時間が過ぎ、終了。挨拶して別れた。その後、akarinさんが仕事の完了を承認してくれると、報酬を受け取ることができる。自分の銀行口座を登録し、報酬支払い申請をすればいい。

 報酬金額が大きくないので、これで生計を成り立たせることはできないかもしれないが、スキマ時間に手伝うことは十分できそう。自分の生活圏内で、無理なくアテンドできれば、よいお小遣い稼ぎになることは間違いない。akarinさんが特にいい人だったのかもしれないが、お金をもらうのが申し訳ないくらい普通に楽しかった。メッセージできちんと内容を詰めておけば、トラブルも防げそうだ。

喫茶店でMacbookやウェブサービス、情報管理などについて説明する後日、報酬の支払い申請を行うと、銀行に振り込まれる

前へ 1 2 3 次へ


この連載の記事
注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ