このページの本文へ

500 Startups Japanのメンターに元LINE森川氏など10名が参加

2015年12月10日 12時00分更新

文● ガチ鈴木/大江戸スタートアップ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シリコンバレーを拠点に世界50ヵ国、1500社以上に出資する世界最大級のシード投資ファンド“500 Startups”。日本向けファンド“500 Startups Japan”にて起業家支援体制強化のため、10名のメンターを招聘したと2015年12月10日に発表した。

 10名のメンターには、元LINE代表でC Channelを立ち上げた森川亮代表取締役社長、コロプラの千葉功太郎取締役副社長、Googleにより買収された東大ロボットベンチャーのSCHAFT(シャフト)の共同創業者の加藤崇氏など経験豊富なシリアルアントレプレナーや専門家が参加している。

 グローバルに要する250名のメンター陣に加えて、500 Startups Japanが投資する先の起業家に対して個別でメンタリングを行なうほか、投資先企業向けの非公開勉強会の実施などを行ない経験や知識を共有する。

 500 Startups Japanは3000万ドル(約36億円)の資金規模を目標とするシード投資ファンドで2015年9月に日本国内に拠点を設置し、活動を開始していた。

■関連サイト
500 Startups Japan

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ