このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2015レポート第8回

インテル、Iris Pro搭載のデスクトップ向けBroadwellを発表

2015年06月03日 01時58分更新

文● 北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテルは2日、COMPUTEX TAIPEI 2015の基調講演に合わせて、Iris Pro Graphics 6200を搭載した第5世代Coreプロセッサーを発表した。

開発コードネーム”Broadwell-H”こと、第5世代Coreデスクトッププロセッサー

 デスクトップ向けとしては初となるIris Proを採用するプロセッサーで、TDPは65W。LGA 1150ソケットに対応するデスクトップモデルは型番の末尾に「C」が、マザーボードにオンボードで搭載されるBGA版(組み込み向け)の末尾には「R」が付く。製品のラインナップは以下のとおり。

 「Core i7-5775C」を前世代の「Core i7-4790S」と比較すると、3Dグラフィックス性能は最大2倍、ビデオ変換性能は最大35%、コンピューティング性能は20%向上しているという。

デスクトップ向けのラインナップ
型番 Core i7-5775C Core i7-5775R Core i5-5675C Core i5-5675R Core i5-5575R
コア数 4 4 4 4 4
スレッド数 8 8 4 4 4
ベースクロック 3.3GHz 3.3GHz 3.1GHz 3.1GHz 2.8GHz
キャッシュ容量 6MB 6MB 4MB 4MB 4MB
内蔵GPU Iris Pro graphics 6200 Iris Pro graphics 6200 Iris Pro graphics 6200 Iris Pro graphics 6200 Iris Pro graphics 6200
TDP 65W 65W 65W 65W 65W
価格 336ドル 328ドル 276ドル 265ドル 244ドル

 ノートPC向けのラインナップは以下のとおり。TDPは47Wで、型番の末尾には「HQ」か「H」が付く。

開発コードネーム”Broadwell-H”こと、第5世代Coreモバイルプロセッサー
ノート向けのラインナップ
型番 Core i7-5950HQ Core i7-5850HQ Core i7-5750HQ Core i7-5700HQ Core i5-5350H
コア数 4 4 4 4 2
スレッド数 8 8 8 8 4
ベースクロック 2.9GHz 2.7GHz 2.5GHz 2.7GHz 3.0GHz
キャッシュ容量 6MB 6MB 6MB 6MB 4MB
内蔵GPU Iris Pro graphics 6200 Iris Pro graphics 6200 Iris Pro graphics 6200 HD graphics 5600 Iris Pro graphics 6200
TDP 47W 47W 47W 47W 47W
価格 623ドル 434ドル 434ドル 378ドル 289ドル

 なお、COMPUTEX TAIPEI 2015で行なわれたインテルの基調講演では、Iris Pro Graphics P6300を搭載したサーバー向けの「Xeon E3-1200 v4」も発表された。

COMPUTEX TAIPEI 2015で基調講演を行なう、インテルの上席副社長兼クライアント・コンピューティング事業本部長のカーク・スカウゲン氏
Iris Pro Graphics P6300を搭載した、サーバー向けの「Xeon E3-1200 v4」。HDビデオのトランス・コーディングや、リモートワーク・ステーションなどのビジュアルが重視されるクラウドベースのワークロード向けに設計されている
Xeon E3-1200 v4のラインナップ
型番 Xeon E3-1285 v4 Xeon E3-1285L v4 Xeon E3-1265L v4 Xeon E3-1278L v4 Xeon E3-1258L v4
コア数 4 4 4 4 4
スレッド数 8 8 8 8 8
ベースクロック 3.5GHz 3.4GHz 2.3GHz 2.0GHz 1.8GHz
キャッシュ容量 6MB 6MB 6MB 6MB 6MB
内蔵GPU Iris Pro graphics P6300 Iris Pro graphics P6300 Iris Pro graphics P6300 Iris Pro graphics P6300 Iris Pro graphics P6300
TDP 95W 95W 35W 47W 47W
価格 557ドル 445ドル 418ドル 546ドル 481ドル

 さらに基調講演では、開発コードネーム”Skylake”こと、第6世代Coreを搭載する4K液晶一体型PCや2in1デバイスも披露された。Windows 10を搭載するこれらの機器も近いうちに発売されるという。

第6世代Coreプロセッサーも、まもなく登場

【関連サイト】

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中