このページの本文へ

Intel「Xeon E3-1285v4」

Iris Pro採用のBroadwell版「Xeon E3-1285v4」が販売開始

2015年06月10日 23時06分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 COMPUTEX TAIPEI 2015で発表されたインテル製のサーバー向けCPU「Xeon E3-1285v4」の販売がスタートした。デスクトップ向けのBroadwellとしても初登場となる。

デスクトップ向けのBroadwellが初登場。インテル製のサーバー向けCPU「Xeon E3-1285v4」の販売が始まった

 「Xeon E3-1285v4」は、サーバー向けXeonシリーズの新製品。主なスペックは、4コア8スレット、動作クロック3.50GHz(TB時3.80GHz)。

 GPU機能には、Broadwell/GT3eベースの内蔵GPUとなる「Iris Pro Graphics P6300」を採用。6MBのL3キャッシュに加え128MBのeDRAMを搭載しており、内蔵GPUによるコンピューティング処理や、高解像度動画トランスコード、リモートワークステーションのようなグラフィックス性能を重視した処理に最適化されている。なお、GPUのクロックは300MHz(最大1150GHz)。

 そのほか、メモリーはDDR3/DDR3L 1333/1600/1866MHz(最大32GB)まで対応。TDPは95Wに設定されている。対応ソケットはLGA 1150で、ASRock製9シリーズマザーボードでは正式対応がうたわれている。

 販売されているのはCPUクーラーとのセット販売が条件となるバルク版。BUY MORE秋葉原本店では、価格7万6380円となっている。

Broadwell/GT3eベースの内蔵GPUとなる「Iris Pro Graphics P6300」を採用。6MBのL3キャッシュに加え128MBのeDRAMを搭載する

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中