このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2014レポート第10回

MSIブースでHaswell-E対応のX99マザーとUSB 3.1を発見!

2014年06月03日 23時50分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 COMPUTEX TAIPEI 2014の会場である南港展覧館に巨大ブースを構えるMSIでは、ハイエンドユーザー注目の未発表マザーボードが展示中。気になる2枚をチェックしておこう。

南港展覧館に巨大ブースを構えるMSI

 まず初めに紹介するのが、チップセットにIntel X99 Expressを搭載するというHaswell-E対応のマザーボードだ。スペックシートに記載されているソケット表記は、現行のLGA 2011とは異なる「LGA2011-v3」。インテルの未発表チップセットを採用した製品で、COMPUTEXというお祭りならではの展示といえる。
 こちらでもお伝えしている通り、DDR4メモリーの展示もいくつか確認できた。マザーボードも開発は順調なのだろうか。肝心のHaswell-Eがなければ使用できないので、CPUの開発状況も気になるところだ。

なんとチップセットにIntel X99 Expressを搭載するというHaswell-E対応のマザーボードを展示している
スペックシートに記載されているソケット表記は、現行のLGA 2011とは異なる「LGA2011-v3」

 もうひとつ取り上げるのは、USB 3.1をサポートするというIntel Z97 Expressチップセット搭載のマザーボード。先日より秋葉原でも販売されている「Z97S SLI PLUS」をベースにASMedia製コントローラー「ASM 1142」を追加搭載した。
 実際に動作していたわけではないが、転送速度10Gbpsを実現する新型インターフェースとして、こちらも注目の技術といえそうだ。

USB 3.1をサポートするというIntel Z97 Expressチップセット搭載のマザーボード

【関連サイト】

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中