このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2014レポート第20回

販売間近のアルミパイプ製Mini-ITXケースをCOMPUTEXで確認

2014年06月06日 01時10分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 COMPUTEXのIn Winブースには、すでにお伝え済みの「S-Frame」以外にも、ユニークなケースがある。オープンフレームPCケースの新モデル「D-Frame mini」だ。

オープンフレームPCケースの新モデル「D-Frame mini」

 アルミ製パイプフレーム構造の組立式PCケース「D-Frame」のMini-ITX対応版となるもので、なにやら今から人気となりそうな気配が漂う仕上がりだ。トップ部分は持ち運びを容易にするハンドル代わりにもなるほか、両サイドパネルにはお得意の強化ガラスを採用。カラーはゴールド、レッド、ホワイトの3色を予定している。

トップ部分は持ち運びを容易にするハンドル代わりにもなるほか、両サイドパネルにはお得意の強化ガラスを採用している

 気になる発売予定は7月中とのことで、もうすぐという印象。いまだ価格は未定とのことだが、今から気になる人も多そうな注目製品だ。

PCパーツを組み込んだデモ機も展示中。水冷キットとの相性もよさそうだ

【関連サイト】

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中