COMPUTEX TAIPEI 2014レポート

DDR4モジュールが続々登場、ADATAブースで動作デモを実施中

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 最新パーツがひしめくCOMPUTEX TAIPEIのメイン会場である南港展覧館(Taipei World Trade Center Nangang)で、次世代メモリーのDDR4モジュール動作デモを確認した。

ADATA製のDDR4対応メモリーモジュール「ADATA XPG Z1 DDR4 2800 8GB×4」

気になるマザーボードの型番は……。確認しようと思ったが、操作できないようになっていた

 DDR4モジュールの実物を確認したのは、昨日のCORSAIRに続くもの。ADATAブースでは、実際に動作している様子が公開されているなど、開発は順調な印象だ。なお、動作していたのは「ADATA XPG Z1 DDR4 2800 8GB×4」というモデル。

こちらはGeILブースで展示中のDDR4対応メモリーモジュール

 またGeILブースでは、チップが見える状態で展示されていた。“S”と大きく刻印が入れられているが、そのままSamsung製という理解でいいのかどうかは定かではない。こちらは最大クロック3200MHzのモデルまでラインナップされているという。

【関連サイト】

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
2020年
06月
07月
08月
09月
12月
2019年
03月
04月
05月
06月
10月
12月
2018年
05月
06月
08月
2017年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
09月
11月
2016年
01月
04月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2015年
07月
08月
2014年
04月
06月
07月
2013年
02月
03月
06月
2012年
09月
2010年
01月
2003年
07月