このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

スマホで始める「音楽アプリ部」第15回

ツマミのコントロール、レスポンスは完璧

Moogの血統を感じるシンセ「Animoog」は神アプリだった

2013年09月29日 12時00分更新

文● 藤村亮

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

原初のシンセが、現代技術で甦るAnimoog

 前回紹介した“ThumbJam”は白鍵黒鍵の「鍵盤」がない、珍しいタイプのシンセアプリでした(関連記事)。が、今回扱う“Animoog”は正にアナログシンセの始祖たるMoogによる血統を感じる、隙のない仕上がりです。

 アナログシンセと言えば、パネル全体に配されたツマミによるリアルタイムコントロールこそが身上ですが、Animoogにおいてもその辺りの処理は完璧。限られた画面の活かし方がとてもいいです。カテゴリーのほとんどは、3つ、もしくは4つのツマミと切り替えスイッチなどでまとめられており、目盛りの表示も大きめでコントロールの把握がしやすくなっています。なによりツマミ自体のレスポンスが非常によく、気持ちのいい使い心地です。

 昨今のアプリの定番とも言えるX/Y PADには画面の6割を割くこだわり。これだけ大きいと操作も視認もバッチリです。

大ぶりなX/Y PAD、タッチレスポンスも非常にいいです独特な効果を生み出すフィルターエフェクトが多数搭載のTIMBRES

 TIMBRESでは、プリセットされた個性的なフィルターエフェクトを、最大8種類まで同時に組み合わせて使うことができます。読み込んだエフェクトは、X/Y PAD上でリアルタイムコントロールが可能です。

 ENV/MOD画面では基本となる音色をAMP、FILTER、MOD、LFOの4項目でエディットできます。AMP、FILTER,MODはそれぞれダブルタップで拡大でき、より細かな調整にも対応。

音色の立ち上がりや伸び、音程感などはENV/MOD画面で調整拡大すれば、より綿密な調整が可能

 X/Y PADはもちろん、ENV/MOD画面でもリアルタイムコントロールが可能なので、演奏中に波形の切り替えや、音の立ち上がりを調整もできます。ENV/MODで根本的な音の方向性を決めた後に、TIMBRES、X/Y PADといじっていくと扱いやすいです。

Animoog App
価格2600円 作者Moog Music Inc.
バージョン2.1.1 ファイル容量18.5 MB
カテゴリーミュージック 評価(4.5)
対応デバイスiPad 対応OSiOS 5.0以降

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン