このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

スマホで始める「音楽アプリ部」 第15回

ツマミのコントロール、レスポンスは完璧

Moogの血統を感じるシンセ「Animoog」は神アプリだった

2013年09月29日 12時00分更新

文● 藤村亮

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iTunesのデータ読み込み、画面の表示設定の変更はアプリならでは

キーボード自体は小さくても、音階設定で幅広く使えます

 KB SCALEでは画面下部のキーボードの音階を設定。各種モードやブルーススケールに民族音階(琉球音階もあります)、長/短3度音階や5度音などをきちんと押さえています。ただ、“メジャースケール”の設定はないので、イオニアンスケール(=IONIAN)を選択するか、クロマチックスケール(=CHROMATIC)で不要な音を除外し、LOCKをかけてやる必要があるかと。また画面下部右端のVOL、COR、GLIDEではキーボードの音量、音の立ち上がりと音程の安定感、音と音の繋がりの早さなどが調整可能です。

 4TRACKは 音声データを4つまで同時に鳴らせる簡易レコーダーです。iPad内のiTunesから音声データの読み込み、他のアプリからAudio Pasteを用いて音声データを貼りつけなどができます。ミキサー機能は各チャンネルにボリュームフェーダーとパンポット、ミュートとソロスイッチ、ループのオンオフとレコーディング待機という基本を押さえたシンプルな構成です。

シンプルながら、波形描画もきちんとしてくれます

 パン(定位)はボリュームフェーダーをダブルタップし、拡大されたボリュームフェーダー横のパンポットで調整。MIDIデータの編集はできないので、込み入ったアレンジは難しいです。ただ、ある一定のコード進行やノイズをバックに、リアルタイム演奏を重ねるときなどには、それなりに使えると思います。

 SET UPはMIDIやプリセットデータの管理、オーディオの再生や画面の表示設定です。DISPLAYのMOD STRIPSで、画面下のキーボードのデザインを2種類から選択でき、OSCILLOSCOPEはX/Y PADに表示される波形のオンオフ切り替えができます。

好みに応じた画面設定ができます

 個人的には画面上でもPITCHホイールやMODホイールを操作したいので、MOD STRIPSをオンに。OSCILLOSCOPEも視覚的に楽しいのでオンにしています。 また、マニュアル(英語)の参照もここからとなります。

 STOREではアドオンの音色パッケージや、4TRACKやMIDIについての機能追加ができます。プリセットでも、すぐには把握しきれないほど多彩な音色があり、組み合わせも膨大ですが、サウンドやフィルターエフェクトをさらにに追加できるのはうれしいですね。アドオンの説明を見るだけでも、かなりマニアックなサウンドが詰まっているのがわかります。

マニア心をくすぐる追加音色がずらり

機能を把握した上で、「目分量」で音色を調節するのがベター

 Animoogではひとつのコントロールツマミをいじるだけでも驚くほど音色を変えることができます。さらに、音色が組み合わさって起こる変化は無限の可能性を秘めています。この可能性を活かすためには、ひとつひとつの機能をきちんと把握し、また流動的なイメージをうまく捉える力が必要かもしれません。

 画面上のツマミに目盛りは振られていますが、数値で表示されない項目もあるので、そのあたりの調整は音色を聴いた上で、またレスポンスに対しての目分量で決めてほしいところ。

 ある種玄人向けですが、なんとなく適当に動かしていくだけで楽しめるX/Y PADやPATH、ORBIT、THICKなどの機能もあるので、初心者でも楽しみながら使えるのではと思います。

 これほど高性能なヴァーチャルアナログシンセアプリはなかなかないでしょう。さすがのMoog本家によるアプリ。安定と革新の素晴らしい融合、完璧な仕上がりたと言えます。

iRig Keysと組み合わせれば、よりプレイアビリティーの高いコンパクトなヴァーチャルアナログシンセとしてまとまります



藤村 亮(ふじむら りょう)

photo by Shin Kobayashi

 1981年生まれ、Ibanez製7弦ギターを手に世界を渡り歩くロックミュージシャン。2006年にバンド"AciD FLavoR"の7弦ギタリストとしてメジャーデビュー。2008年よりベルギーのインディーズレーベルと契約し、"Ryo Fujimura"としてソロ活動を開始。ヨーロッパ最大の日本文化イベント"JapanExpo"や各国のJ-Musicイベントにゲスト参加した。2012年からは活動の幅をメキシコにも広げ、3度のライブツアーを敢行。2013年4月にロックバンド"流天"を結成し、作詞作曲を担当する。2013年11月には2年半ぶりのヨーロッパツアーが決定している。

ウェブサイト(英語)
Facebook
Twitter

■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン