このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

スマホで始める「音楽アプリ部」第75回

サンプラーアプリで音楽ジャンルを知る

ダブステップにスマホで入門!? 「Drum Pads 24」を試す!

2015年03月22日 12時00分更新

文● ノッツ 編集● コジマ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
音楽好きならもう聞き飽きたかもしれない「ダブステップ」にノッツさんはまったくピンときていないようです。「Drum Pads 24」で学びましょう

2015年にダブステップを知らないのは恥ずかしい?
優秀なサンプラーアプリで学びましょう

ノッツ こんにちは、ノッツです。最近は漫画家みたいな生活をしている私が、ASCII.jp「音楽アプリ部」内でアプリを紹介するこのコーナー、今回でなんともう25回目になるんですねー!

アンぽん 第1回がチューナーアプリで、これは音楽アプリなのか……と、いきなり先行き不安で。もって3回くらいだと思ってたんですが、よく続いたもんですね。

ノッツ これまでアンぽんちゃんから多くの音楽アプリを紹介してもらいましたが、いろいろな用途に応じたものがありましたね。様々なタイプのアプリを触っていると、今まで自分になじみのなかった楽器やジャンルを知ることができて楽しかったです。

アンぽん 普段はギターを弾いてポップミュージックを聴くばかりのノッツさんでしたが、バイオリンスチールパンのアプリでその楽器の特性を新しく知ったり、TB-303ライクなアプリでダンスやアシッド・ハウスの感覚を味わったりしてましたものね。

ノッツ そうそう。普段好きなのが生楽器・生演奏系なので、どうしてもダンス系とかにうとかったんです。それに関係が深いアプリを触ってると新鮮で、面白かったんですよ。……それで、ジャンルで思い出しました。僕、巷で耳にする「ダブステップ」について、未だになんなのか分かってないんですよ。

編注……「ダブステップ」とは、2000年代前半にロンドンで誕生したダンス・ミュージックの一種。ものすごく太いベース、深いリバーブのかかったドラム、細切れになったフレーズの挿入などが特徴。ダブステップの影響を踏まえた「ポストダブステップ」なるジャンルもあったりして、詳しくない人にはややこしい。

アンぽん ダブステップが一般に広まってからもうずいぶん経つ気がしますけれどー!?

ノッツ 友達に「ダブステップって何?」と聞いたけど、「ドゥーン! ビャー! ビーチチチチー!」と擬音で返されてさっぱりでした。説明するのは面倒だから自分で調べろや、ってことでしょうけれど……はたして、僕は正しくダブステップを理解することができるだろうか……。

アンぽん そこはネットやCD屋さんで調べて、そのジャンルで人気の音源を教えてもらうのが一番……なのでしょうが、ここは音楽アプリ部、実際に自分で演奏してしまってそのジャンルの雰囲気をつかむという手もあります! というわけで今回はこれ。

■iOS
Drum Pads 24 App
価格無料 作者Paul Lipnyagov
バージョン1.7.2 ファイル容量16.1 MB
カテゴリーミュージック 評価(4.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 6.0以降
■Android

Drum Pads 24
価格無料 作者Paul Lipnyagov
バージョン1.3.1 ファイル容量11MB
対応デバイスAndroid端末 対応OS2.3.3以上

ノッツ 実際に自分で演奏するって……ジャンルの雰囲気も知らないのに演奏なんかできるわけないじゃないですか!? フレーズはどんな階調です!? テンポはどのくらい!? それにこのアプリ名、Drum Padsってどういうこと! ダブステップ関係ない!

アンぽん 落ち着いてください! Drumってアプリ名に入ってますが、このアプリ、要はサンプラーです! プリセットで音が登録された24のパッドを押すだけで、簡単に演奏ができるんですよ! 

起動画面。この並んでいるパッドにそれぞれ高品質なビートやサンプルが割り当てられていて、タップするだけで演奏できます。こちらはA画面。右上のアルファベットをタップすればB画面に移動し、合計24つのパッドがタップ可能このアプリのなによりのウリは、プリセットの音の豊富さと高品質さ! Dubstep、EDM、Glitch、Electronicなどなど……様々なスタイルを用意しています

ノッツ 本当だ! タップするだけで演奏できる! しかも出音がいい! プリセットに「Dubstep Fever」というのを読み込ませてタップしてみたんですけれど、なんか僕がイメージするダブステップな音を自分で鳴らせてる……気がする!

アンぽん 演奏感は本家の紹介動画をみてもらうのが一番速いですね。こんな感じで、誰でもすぐに様々なスタイルのビートや音楽を奏でられますよ!




(次ページでは、「プリセット音だけでも本格的!」)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン