このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

スマホで始める「音楽アプリ部」第66回

レイヤーごとに違う音も出せるので、作りこみも可能

ボタンを押せばループ完成! ヤマハ製シーケンサーアプリが超簡単

2015年01月17日 12時00分更新

文● 藤村亮

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ループを作ったレイヤーを重ねて音を作っていく

 当音楽アプリ部で何度か取り上げてきたステップシーケンサーアプリ。これまでにも「moxMatrix」「OsciLab」「Loopseque」など海外デベロッパーのアプリを紹介してきましたが、今回はヤマハの「TNR-e」を触ってみました。

TNR-e App
価格2000円 作者Yamaha Corporation
バージョン1.0.2 ファイル容量75.8 MB
カテゴリーミュージック 評価(4.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 7.1以降

 TNR-eは、YAMAHA TENORI-ONのアプリ版である「TNR-i」をベースに、よりEDM向きなエッジの利いた音源を搭載したアプリ。メイン画面には縦16×横16のボタン(マトリクスボタン)が並んでおり、縦方向で音程の高低、横方向で音を鳴らすタイミングを設定できます。

直感的な操作性のためか、非常にシンプルで無駄のないデザインです

 画面下部中央の再生ボタンを押し、ループを走らせた状態でマトリクスボタンを押すと音が鳴る仕組みです。軽く押すと単発で音が鳴るだけですが、ほんの少し長く押すとそのボタンが点灯し、音が打ち込まれた状態になります。打ち込まれたボタンは次回ループが回った際に自動で発音となります。

 基本的な操作としてはひとつのレイヤー(マトリクスボタンのパレット)でループフレーズを作り、また別のレイヤーを重ねていく、といった流れです。レイヤーは最大16個までを重ねることができるので、異なるレイヤーに同じ音色を重ねて厚みを出したり、ドラムループにパーカッションを重ねてリズムを作りこんだりというのも充分に楽しめます。

(次ページでは、「エフェクトは7種類で、重ね掛けもOK」

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン