このページの本文へ

週刊 PC&周辺機器レビュー 第123回

Ultrabookの大本命 ZENBOOK UX31Eは意外に速い!

2011年11月10日 12時00分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

不足するインターフェースはアダプターが付属

 MacBook Airもそうだが、ZENBOOKは薄型化を重視したボディーを採用するために、本体に装備するインターフェース類は限られている。それでもMacBook Airに比べると、Windowsパソコンに要求されるインターフェースを搭載する工夫がこらされている。

本体左側面。左からUSB 2.0、ヘッドホン、メモリーカードリーダー

本体右側面。左から電源LED、Micro HDMI出力、mini VGA出力、USB 3.0、電源コネクター

 まずUSB 3.0を標準で装備しているのは高く評価したい。現時点ではストレージ接続が中心用途とはいえ、USB 2.0よりはるかに高速な汎用インターフェースを標準搭載する点は、製品の拡張性と将来性を高めるので歓迎したい。

 ディスプレー出力ではMicro HDMI出力を標準搭載するほか、mini VGA出力も備える。mini VGA出力端子に接続するアナログRGB出力(D-sub 15ピン)アダプターが付属するので、出先でアナログRGB入力のプロジェクターにつなぐのも容易だ。MacBook AirはThunderboltポート経由でDisplayPortやHDMI、アナログRGBへの出力が可能だが、そのためのケーブルや変換アダプターは付属していない。この種の変換アダプターは意外に値がはるので、アダプターの標準添付はありがたい。

付属のmini VGAアダプター(左)とUSB Ethernetアダプター。必需品はきちんと付属品でまかなえるのは評価したい

 有線LAN端子を装備していないのはMacBook Airと同様だが、こちらもUSB Ethernetアダプター(10/100BASE-TX対応)が付属する。100BASE-TXどまりなので転送速度はともかく、「オフィスでは有線でつなぎたい」「宿泊先のホテルに有線LANしかない」といった場合でも、追加投資なしで対応できる。

 これらの付属アダプターを収納する、小さなポーチも付属している。また本体を収納するぴったりサイズの専用スリーブも付属する。ACアダプターもコンパクトで、総じてモバイルユースでの実用性をよく考慮した構成と言えるだろう。

UX31Eと付属品。ACアダプターの側面にはWindowsのライセンスシールが貼ってある

専用スリーブも付属。頑丈とはいえ表面に傷がついたらアルミのボディーは目立つだろうから、美観を保つためにもスリーブ付属はありがたい

 少々気になるのはキーボードの右上、Deleteキーの横に電源ボタンがあることだ。見た目も普通のキーと変わらないので、思わず間違えて押してしまいそうになる。押してもただちに電源が切れたりスリープに入ったりするわけではなく、動作を選択するダイアログが出るので安心とはいえ、電源ボタンは側面にでもつけてほしかった。

UX31Eのキーボード。一般的なアイソレーションタイプで、タッチは軽くストロークも浅め。電源ボタンがDeleteキーの横にあるのはいただけない

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン