このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

ミクZ4、3年目の本気! SUPER GT激闘記 第42回

日本最速の歌姫が誕生!

天使のミクさんが女王に!ミクZ4、GT300でついに頂点へ!

2011年10月20日 22時14分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部 ●撮影/鉄谷康博、加藤智充、編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

すべてにケリをつけて
てっぺんまで駆け上るミクさん!

 ぶっちぎりでポールポジションを獲得した、最終戦もてぎの予選(関連記事)。5ポイント差は苦しいが、最高の状態で決勝を迎えることができた。

 一晩明けて運命の決勝日。2万6000人ものレースファンが駆けつけたツインリンクもてぎは、天気予報では午前中は雨だがお昼には上がり、午後からは晴れるという。その予報の通りに、午前中は雨が降って、練習走行ではウェット宣言が出ていたほど。それでも予選日の雨で好調な走りを見せたミクZ4は練習走行でも快調。番場選手→谷口選手とドライバーを交代してぐいぐい走り込む。特に谷口選手は2位以下に2秒ほどの差を付ける圧倒的なパフォーマンスを見せた。練習走行とはいえ、周囲にプレッシャーを与える意味でもこのベストタイムの影響は大きいだろう。

決勝前のミーティングは皆真剣な表情……でもないらしい(笑)

 途中、#10 JIMゲイナー F430が最終コーナーでスピンしてコースアウトで赤旗中断。また、残り時間わずかとなったときに、痛車仲間の#2 エヴァ紫電が同じくコースアウトして、そのままチェッカーとなった。このように雨に苦戦するチームもあったのだ。

 そしてチームから衝撃の発表が! 決勝のスタートドライバーには番場選手を起用するとのこと。これにはファンも騒然。ついつい去年の“もてぎの悪夢”が頭をよぎる(関連記事)。しかも今期、番場選手がスタートを務めるのはこれが初である。相当なプレッシャーだったのだろう。いつもならリラックスムードでファンと交流するピットウォークにすら、初めて出てこなかったほどだ。このときドコで何をしていたのか、番場選手に聞いた。

番場選手「緊張というよりも、独りになって集中したかったんです。トレーラーの隅っこで、独りでコンセントレーションを高めてました」

従来とは明らかに目つき、顔つきが変わった番場選手

両ドライバーが出てこないピットウォークを懸命に仕切って盛り上げる鈴木代表

 そういえば、カメラマンも「今回の番場選手は顔つきが明らかに違う」と言っていた。前戦オートポリスでの無念を晴らすため、そして谷口選手のチャンピオン獲得をアシストするため、何よりチームやファンからの期待に応えるため、それらの逆境やプレッシャーが番場選手を大きく成長させたのかもしれない。

タイヤ交換やドライバー交換の練習も、時間を見つけてできるときに全力でやる

ポールシッターの2台がピットロードの出口に並ぶ

ミクZ4のポール祝いか、谷口選手のチャンピオン獲得への激励か、ブルー青木選手や優勝請負人・山野選手など、さまざまなドライバーが入れ替わりにミクZ4のグリッドを訪れた

 谷口選手によると「どのチームもドライタイヤは試していないので条件は一緒。幸いウチのチームはポールポジションからのスタートなので、スタート時の混乱はないし、GT500にラップダウンされるまでの10周くらいは安全に走れると思う。だから、先に番場選手に行ってもらって、タイヤのインフォメーションを報告してもらい、状況次第でピットインするという作戦になった。昨日の走りや朝の練習走行を見て、番場選手にスタートを任せられると判断しました」とのこと。

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ