このページの本文へ

ミクZ4、3年目の本気! SUPER GT激闘記第54回

ミクを意識!? 39号車から若手ドライカーを抜擢

今年初のイカ生で新ドライバー電撃発表! その名はイカティ

2012年01月25日 17時00分更新

文● ぶちょー/電アスレース部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2011年のSUPER GT GT300クラス女王・ミクZ4のライバルたちが、続々と2012年のSUPER GT参戦を発表している。ミクさんチームの新体制が気になる個スポやASCII.jp読者も多いと思うが、そちらは2月12日のワンフェス会場での発表まで、首をキリンにして待っていてほしい(いろいろな噂話に耳がダンボかもしれないが……)。必ずやファンの期待を上回る驚きと感動が待っている(はず)だから!

イカ生
本来、チーフエンジイカのマッキーが座るはずのところには、なぜかデカイカちゃんが……(京都にいて欠席だった)

 24日には、イタ痛イカ車なライバル#27 イカ娘フェラーリが今年初のニコニコ生放送(イカ生)を実施。なんと参戦発表と同時に新ドライバー(ドライカー)を披露した。火曜日の夜9時半開始という、勤め人にはかなり厳しい時間にもかかわらず、南青山のLMP CARSには個人スポンサーが20名近くも集まり、公開生放送といった雰囲気でイカ生がスタートした。

イカティ
デカイカちゃんがかたづけられ、そこに座ったのは新ドライバーの……イカティ!こと井口卓人選手だっ

 イカちゃんファンはもちろん、ミクファンも気になる新ドライバーは、なんと昨年までGT500クラスの#39 LEXUS team SARDでドライブしていた若手のホープ・井口卓人選手だった。奇しくもカーナンバー39(ミク)からの移籍。これはミクさんチームを強く意識した選手補強なのか!? ちなみに、井口選手はかつてSUPER GT富士戦のPRでASCII.jp編集部を訪れたこともある。いわばASCII.jpファミリーだ!(キリッ(関連記事

イカティとイカ兄さん 井口卓人選手(左)とイカ兄さんこと山岸大選手。今年はこの2人でイカ娘フェラーリの初勝利を目指す! なんと鈴鹿1000kmもこのドライバー2人で乗り切るとか!?

 井口選手への質問や今年にかける意気込みなど、イカ生の視聴者も現地に集まった個スポも(もちろんASCII.jpとしても)聞きたいことは多いが、井口選手については今週土曜日に改めてイカ生が予定されており、その日までお預けとなった。

イカティの愛称決定 井口選手の愛称はイカ生のアンケートで決められた。実は「イカ口」と僅差だった

 ただ、昨年は山内くん(イカ王子)→カルロ・バンダム(イカルロ)と、イカにちなんだ愛称で呼ばれるこのチームのこと。井口選手も早速その洗礼を受けることになった。「イカ坊や」「イカモンキー」「イカ口(グチ)」など、さまざまな候補が挙がったが、ニコ生のアンケートによって井口選手の愛称「タクティ」をもじった「イカティ」に決定! もはや井口卓人(イグチタクト)の片鱗もない愛称だが、本人は結構気に入っていたようだ。何より個人スポンサーの誰もが暖かく迎え入れてくれたイカちゃんチームの雰囲気に、普段から陽気な井口選手だが、イカ生が終わったあとも終始ニコニコ顔だった。

ファンサービス イカ生終了後には、山岸選手と井口選手が揃って握手でお見送り。早くもファンサービスに励むことになったが、集まったイカちゃん個スポは、井口選手に大いに期待する声が多かった。ちなみに、井口選手に番場選手と谷口選手の印象を聞いたところ、「番場さんはTDP(トヨタの若手育成プロジェクト)の先輩だったからよく知ってる」「谷口さんは、一言で言えば神ですね」

 24日に公開された新情報は、実はここまで。監督やチーム体制なども紹介されたが(ほぼ昨年を踏襲)、一番気になる新マシンの公開はお預け。トラックエンジイカ・イカ親父の小藤さんも「フェラーリほにゃらら」と口堅く、詳細を明かさなかった(フェラーリであることは間違いないようだ)。マシンの公開は2月中旬を予定しており、それまでの確定事項については随時イカ生やブログ、Twitter(ツイッカー)などで公開していくとのこと。ファンは要チェックだ!

 このほか、ミクチームのライバルである痛車勢では、こちらもマシンが未公開ながら、#2 エヴァレーシングが参戦を表明関連記事)。昨年ミクZ4と最後まで競い合った#11 GAINERは新マシン「AUDI R8 LMS ultra」を投入すると発表している。今年もGT300クラスは、アツく厳しい戦いになりそうだ。


カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ