このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ミクZ4、3年目の本気! SUPER GT激闘記第55回

どちらも白熱! イカ娘フェラーリ生放送&番場選手誕生会

2012年02月02日 18時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

イカちゃんチームに井口選手が加入!
生放送で井口選手の謎に迫る!

 1月28日にイカ娘フェラーリチームの生放送が行なわれた。この前に放送された生放送では、今期のBドライバーに、去年GT500クラスの#39をドライブしていた井口卓人選手が起用されたと発表されたが(関連記事)、この生放送では「井口選手とは何者なのか?」にスポットを当てた内容であった。

 イカ兄さんことチーム代表の山岸選手は「うちのチームのファンの方たちは、イカちゃんからレースに入ってきた人が多い。レース関係者には井口って名前だけでどんな選手か伝わるけど、イカちゃんファンにはそうもいかない。だから、井口選手ってどんな人? というのを知ってもらいたくて、この生放送をやることにした」と語った。生放送の流れは、基本的には井口選手への質疑応答がメイン。プライベートからレースのことまで、なんでも井口選手に答えてもらい、その人となりを知ってもらおうという意図だ。

 井口選手は1988年生まれなのでまだまだ若いが、実質2回目の生放送にもかかわらず、場慣れしたトークを展開。きわどい質問にも言葉を選びながらキッチリと受け答えしていた。また、ところどころでmoco嬢にツッコミを入れる、頭の回転の速さもみせた。このときの様子は侵略! イカ娘フェラーリ公式chにてそのうちアップされるので、ぜひご覧になっていただきたい。

どんどん設備が良くなっているイカ娘フェラーリの生放送。「もうなんのお店なのかわかりませんよね」とは山岸選手談
家族構成などのプライベートな質問から、どのドライバーが苦手か? といった微妙に答えにくい質問にまで丁寧に答えていた井口選手に好感
イカ娘のアニメを1話だけ見たという井口選手は、ときおり「~でゲソ!」「~じゃなイカ?」など、イカちゃん語を混ぜてトークをしていた。レース以外も勉強熱心だ!
生放送前にこれを読んでイカ娘への理解を深めていた井口選手。山岸選手に近づく日も近いか!?一方、山岸選手は生放送には出演せず、あくまで主役は井口選手と、カメラ外のところで見守っていた
ミニイカちゃんが山盛りに! 個人スポンサーからの差し入れもある最後の最後に、井口選手に無茶ブリをしたあげくにトークの途中でぶった切って終了という力業を見せたmoco嬢。この良い笑顔で生放送は終了した。井口選手のサーキットでの活躍に期待しよう!

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ