このページの本文へ

最新エンタープライズストレージの実力を探る ― 第15回

1システムにHDDを最大384台搭載可能!

日本SGI、最大1PBのストレージ「InfiniteStorage 5500」

2011年07月05日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 7月4日、日本SGIはRAID型ストレージシステム「SGI InfiniteStorage」シリーズのミッドレンジモデル新製品「SGI InfiniteStorage 5500」を発売した。

2.5インチHDDを24台搭載できる「SGI InfiniteStorage 5500」の2Uモデル

 SGI InfiniteStorage 5500は、1システムあたり最大約1ペタバイトを実装可能で、2種類のホストインターフェイスと3種類のディスクドライブを用途に応じて選択できるRAIDストレージ製品。企業や研究所における大規模な映像データの管理や大容量のデータ解析、仮想化環境でのデータ管理、科学技術計算分野における大規模な並列ファイルシステムでのデータ管理などの用途に対応する。

 選択できるホストインターフェイスは、転送速度8Gbpsのファイバチャネルと40Gbpsの「InfiniBand QDR」。ディスク接続のインターフェイスは6GbpsのSASで、ディスクドライブには1万5000回転のHDD、7200回転のHDD、そしてSSDが用意される。

3.5インチHDDを60台搭載可能な4Uモデル

 サイズは4Uと2Uで、4U筐体には3.5インチドライブを最大60台内蔵できる。また、2U筐体には3.5インチドライブを12台、もしくは2.5インチドライブを24台まで搭載可能だ。1システムあたりの最大ドライブ数は384台となり、3TBのHDD選択時には、最大約1ペタバイトの大容量を実現する。

 価格は、981万6000円から。出荷開始は7月下旬の予定だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事
ピックアップ