このページの本文へ

2011年のビジネスプリンター&複合機大集合

富士ゼロックス、オフィス向けカラープリンターのフラッグシップに新製品

トナー改良で省エネ度がアップした「DocuPrint C5000 d」

2011年06月07日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 6月6日、富士ゼロックスはオフィス向けのA3対応カラープリンター「DocuPrint(ドキュプリント) C5000 d」を2011年6月27日に発売すると発表した。

省エネを追求したオフィス向けカラープリンター「DocuPrint C5000 d」

 DocuPrint C5000 dは、印刷速度がカラーが毎分50枚、モノクロが毎分55枚のページプリンタだ。DocuPrintシリーズで初めて、定着装置にIH(電磁誘導加熱)定着技術を採用。従来機「DocuPrint C3540」と比べて、定着装置の予熱時間を大幅な短縮が可能となったため、ウォームアップタイム17秒以下、スリープモードからのリカバリータイム15秒以下という高速な立ち上がりを実現している。

 また、従来のトナーよりも定着温度が低い省エネタイプの「EA-Ecoトナー」を採用し、定着時の消費電力の削減に大きく貢献している。これらの省エネ技術の採用により、「国際エネルギースタープログラム」の適合基準であるTEC(Typical Electricity Consumption)値は、「DocuPrint C3540」と比べて、67%減の2.77kWhとなった。これは、A3カラープリンターの印刷速度クラスにおいてクラストップだという。さらに、スリープモード時の消費電力は81%減の1.5W以下という、高い省エネ性能を実現している。

 セキュリティ機能も強化しており、ICカード認証による認証プリントに加え、ペーパーセキュリティ機能による隠し文字や複製制限コードの埋め込み印刷などに対応する。これにより、機密文書の放置防止や紙文書の不正コピーなどの情報漏えいを抑止できるとしている。

 価格は42万8000円。

カテゴリートップへ

この特集の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ