このページの本文へ

コピー操作で翻訳結果がプリントアウト

複合機から自動翻訳!富士ゼロックス「スキャン翻訳サービス」

2012年11月06日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月5日、富士ゼロックスは同社複合機やPCのWebブラウザからインターネットを通じて利用可能なクラウド型の機械翻訳サービス「スキャン翻訳サービス」を発表した。

複合機から利用可能な機械翻訳「スキャン翻訳サービス」

 スキャン翻訳サービスは、複合機でコピーを行なうような手軽さで翻訳するというサービス。翻訳したい原稿を複合機のスキャナーにセットし操作パネルから翻訳したい言語を選んでスタートボタンを押すと、翻訳された文書が複合機のトレイにプリントアウトされる。また、PCのWebブラウザーから電子文書(DocuWorks形式、PDF形式)をサーバーにアップロードして翻訳することも可能だ。

 同社独自の画像処理技術により、原稿のレイアウトにある写真や図などの位置を変えずに文字部分のみを翻訳するため、レイアウトを崩さない翻訳結果が出力される。翻訳形式も、原文を訳文でそっくり置き換える「置き換え翻訳」に加え、原文にルビ風に訳文を併記する「ルビ風翻訳」や、単語にのみ訳文をルビ風に併記する「単語訳」など選択可能だ。

 4つの言語に対応しており、日本語から英語、中国語(簡体字、繁体字)、韓国語との双方向の翻訳が行なえる。さらに、英語では、政治・経済、芸術、医学など9つの分野の専門辞書が用意され、ユーザーが独自に単語登録できるユーザー辞書も最大800個(1辞書に登録可能な単語数は2万語)利用できる。

「スキャン翻訳サービス」の料金

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ