このページの本文へ

2011年のビジネスプリンター&複合機大集合

A4カラーレーザー複合機「IPSiO SP C241SF」と「IPSiO SP C230SFL」も登場

リコー、連続印刷高速化のA4カラーレーザー「IPSiO SP C241」

2011年08月25日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 8月23日、リコーは「IPSiO(イプシオ)」シリーズの新製品としてA4カラーレーザープリンター「IPSiO SP C241」と「IPSiO SP C230L」、A4カラーレーザー複合機「IPSiO SP C241SF」と「IPSiO SP C230SFL」を発表した。

A4カラーレーザー複合機「IPSiO SP C241SF」

 新製品は、いずれも高い生産性を持ちながら、オフィス空間と調和するコンパクトかつスタイリッシュなボディを実現。一般オフィスから個人事務所・小売店舗の窓口など限られたスペースへの設置が可能だという。また、消費電力の削減やコストの削減を可能とする各種機能を搭載しており、病院・診療所などの医療現場や、流通・サービス業、大学研究室などさまざまなシーンで性能を発揮するとしている。

 IPSiO SP C241は、400(W)×450(D)×320(H)mmと、モノクロ機並みのコンパクトな筐体を採用。印刷解像度は9,600dpi相当×600dpiで、オイルレストナーの採用により、文字/写真やグラフィックデータを高品位に印刷することが可能だ。連続プリント速度(A4縦送り)は、前モデルの16枚/分から20枚/分と高速化している。また、耐久性は前モデルの2倍に向上しており、自動両面を標準装備するなど高い生産性を発揮するという。価格はオープン。

 他のモデルの詳細は、以下の通り。

IPSiO新製品のスペック

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ