このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

2011年のビジネスプリンター&複合機大集合

OKI、「メンテナンス品5年間無償提供」の新世代COREFIDO

2011年11月02日 22時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 OKIデータは、「COREFIDO」(コアフィード)ブランドの第2世代新製品の発表会を開催、A3カラーLEDプリンターの「C841dn」、「C811dn」を発表した。価格は、C841dnが26万400円、C811dnが14万4900円。それぞれ2012年1月から出荷される。また、C811dnとセカンドトレイユニットがセットになった「C811dn-T」も17万4300円で発売される。

「C841dn」、「C811dn」

 C841dn/C811dnのサイズは、幅449×奥行き552×高さ360mmで、A3カラーLED/レーザープリンターとしては世界最小の設置面積を実現。内部機構を一新したことでコンパクトなボディーとなり、オフィスに調和しやすい洗練された外観デザインを採用した。また、新開発の定着機により、ウォームアップ時間が従来機の半分以下にあたる32秒に大幅に短縮している。

 OKIデータ独自の環境対応チップ「Green ASIC」を搭載し、スリープモード時の消費電力をCOREFIDOブランドにおける最小値0.7W未満まで低減した。操作パネル上の「節電ボタン」を押すだけでパワーセーブモードに切り替わるほか、一定時間が経過すると自動で電源オフにする「オートパワーオフ」機能を搭載している。

 C841dnの仕様は、印刷解像度が最大1200×1200dpiで、印刷速度はA4ヨコでカラーが毎分35ページ、モノクロが毎分35ページ。給紙枚数は、最大2080枚(オプションの増設トレイ装着時)。装置寿命は、約5年間または60万ページで、ランニングコストはカラー約11.7円/モノクロ約2.8円。

 C811dnは、印刷解像度が最大600dpi×1200dpiで、給紙枚数が最大1530枚(オプションの増設トレイ装着時)。他仕様はC841dnと同様だ。

 このほか、購入日から5年以内の故障は無償で修理する従来サービス「5年間無償保証」に加えて、業界初の新サービスとして「メンテナンス品5年間無償提供」が追加された。定期的な交換が必要なメンテナンス品(定着期ユニット、ベルトユニット、給紙ローラー)について、C841dn/C811dn/C811dn-Tを購入したユーザーが自分で交換することを前提に、5年間無償で提供する。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ