このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

週刊 PC&周辺機器レビュー第103回

プロジェクターを内蔵できるモバイルノート SH76/D

2011年05月27日 12時00分更新

文● 池田圭一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回は富士通のノートパソコン「FMV LIFEBOOK」シリーズの中から、13.3型ワイドディスプレーを搭載した「SH」シリーズの上位機種「SH76/D」を取り上げる。光学ドライブベイにさまざまなパーツを組み込むことで、携帯性と高機能を両立させたのが特徴の製品だ。

LIFEBOOK SH76/D

モバイル・マルチベイは
サンダーバード2号のシステム!?

 13.3型ワイドディスプレーを搭載するSH76/Dの本体は、A4用紙を一回り大きくしたA4ファイルサイズである。2.5インチHDD(あるいはSSD)と光学ドライブを内蔵し、テンキーなしのキーボード、6~8時間動くバッテリー性能という点は、従来のノートパソコンとそれほど違いはない。特色となるのは、「モバイル・マルチベイ」である。

 SH76/Dは光学ドライブベイを、デバイスの交換が可能なモバイル・マルチベイとして、増設用バッテリーや今回詳しく紹介する「モバイルプロジェクターユニット」(オプション)に換装できるようにしている。軽さを求めるなら光学ドライブを外して、モバイル・マルチベイ用カバー(オプション)を付けることで、140gほど軽量化できる。

 長時間のバッテリー駆動を実現したいなら、増設用バッテリー(オプション)を入れて、最大約14.2時間の駆動時間を実現できる。そして出先でのプレゼンや、多人数でネット動画を楽しみたいなら、今回取り上げるプロジェクターを装着するといった具合に、多用途に使える。

モバイル・マルチベイにぴったり収まるモバイルプロジェクターユニットは、本体から引き出して使う

 古い例えだが、コンテナ部分を交換することで汎用性を高めた「サンダーバード2号」的とでも言えばいいのか、機器を入れ替えることで目的に応じて使い分けられるのである。モバイル・マルチベイの詳細は後で述べるとして、まずは外観からチェックしていこう。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン