このページの本文へ

iPhoneの画面を投影! スマホサイズの超小型プロジェクター

2011年07月02日 11時30分更新

文● 樋口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhoneやiPadなどのDockコネクタに直接接続可能なMicroVision製プロジェクター「SHOWWX+」が発売された。バッテリーを内蔵し、電源のない場所での利用も可能だ。

手のひらより一回り大きいサイズ。スマートフォンを2台持ち運んでいると考えればまったく苦にならないサイズである

製品側面には操作ボタンと電源ボタン、充電用のUSBコネクターなどが並ぶ

 SHOWWX+は、最大100インチまでの画面サイズを映し出せるほか、投影方式にピント合わせの必要ないレーザー方式を採用しているのが特徴。本体サイズは幅60×奥行き118×高さ14mm、重量は122gと非常にコンパクトかつ軽量で、外出先や出張先に携帯する際にも気にならないだろう。

 対応解像度はWVGA(848×480ドット)、輝度は150ルーメン。対応機器はiPhone 4やiPad、iPod touch、iPod nano、iPod classicなどのほか、別途コンポジットケーブルが付属するので、アップル以外の製品でも利用可能だ。価格は3万9800円。Jan-gle秋葉原本店で販売中。

本体下部にはビデオ出力用の専用インターフェースが搭載されていた。内蔵されているバッテリーで最大約2時間の連続投影が可能だ

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン