このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

鳥居一豊の「最新AVプロダクツ一刀両断」第11回

シャープの4原色液晶テレビを試す

クアトロンは革命画質──AQUOS LX3のすごさを実感

2010年08月03日 12時00分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
クアトロン
今回は、四原色パネルを採用したシャープのクアトロンの魅力に迫る

三原色から四原色へ、次世代液晶は多原色に

 今年の薄型テレビはとにかく話題が途切れない。地上アナログ放送終了まで1年を切り、世帯普及率100%に向けたラストスパートが始まっていることもあるが、「LEDバックライト」や「3D」といったスペックも話題になっている。

 今回取り上げるシャープの「LC-52LX3」(実売価格38万円前後)も、3Dテレビ同様に、大きな注目を集めそうな製品。その最大の特徴は新開発の四原色技術「クアトロン」だ。

「LC-52LX3」
クアトロンシリーズのハイグレードモデル「LC-52LX3」。直下型LEDバックライトを搭載した2Dモデル

 クアトロンは、これまで赤/緑/青の三原色で構成してきた液晶テレビのカラーフィルターに黄色を加え、4つ(赤/緑/青/黄)のサブピクセルで色彩を表現していく、かつてない方式。

 名称は、イタリア語で“4”を示す「クアットロ」(quattro)に英語で“電子”を意味する「エレクトロン」(electron)を加えた造語。同社の四原色技術の象徴として使われている。直感的で分かりやすい愛称だ。


ただ4色にすればいい──そんな単純な話じゃない

 四原色になれば、従来の三原色より多彩な色彩表現が可能になるハズ。そう考える読者は多いだろう。しかし、四原色技術は、単純にそれまでの画素をRGBの3分割からRGB+Yの4分割にすれば誰でもできる、というほど簡単なものではない。

 その下地となったのが同社が昨年発表した「UV2A」技術である。これにより、画素構造がシンプルになり、開口率(バックライトの光が液晶を透過する割合)を高くできた。1画素あたりのサブピクセル数が増えれば、画素を区切るスリッドの分だけ、明るさが落ちてしまうが、UV2Aパネルにより、十分な明るさとコントラストを維持しながら、RGB+Yの四原色パネルが実現できた。

三原色/四原色フィルター 「UV2A」技術
発表会の技術展示。従来の三原色カラーフィルター採用のパネル(左)と四原色パネル(右)。右下に色素の配置図がある液晶分子の動きをきめ細かく制御することで、リブ・スリッドを減らし、高開口率、高速応答性、高コントラストを実現した「UV2A」技術

 この新開発パネルは、同時発表の3Dテレビ「LV3シリーズ」にも採用されている。LX3は従来のLXシリーズ同様直下型のLEDバックライトを使用しているが、四原色パネルにエッジライト型LEDを組み合わせ、薄型のスタイリッシュデザインを実現した「XF3シリーズ」も登場している。

 この3つが、新しい「AQUOSクアトロン」シリーズのラインナップとなっている。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン