このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

鳥居一豊の「最新AVプロダクツ一刀両断」第39回

日立から待望の3Dテレビが登場

スマホ連携&3D対応の「Wooo GP08/XP08」をチェック!

2011年08月11日 11時00分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 日立製作所から、大画面テレビ「Wooo」の新モデル「GP08」と「XP08」が発表された。従来モデル「XP07」シリーズの後継となるが、今回からプラズマがGP、液晶がXPと分かれた。その理由はGP08が3D対応であるためだ。

 3D対応プラズマテレビであるGP08ラインナップは、50V型の「P50-GP08」(実売予想価格32万円前後)、46V型の「P46-GP08」(同27万円前後)、42V型の「P42-GP08」(同22万円前後)の3モデル。

 液晶テレビのXP08は、42V型の「L42-XP08」(実売予想価格19万円前後)、37V型の「L37-XP08」(同17万円前後)、32V型の「L32-XP08」(同14万5000円前後)の3モデルとなる。発売は、GP08が8月27日、XP08が9月10日の予定だ。

 GP08シリーズとXP08シリーズは、パネルが3D対応プラズマか液晶か、という違いのみなので、基本的には今回はGP08シリーズを中心に新機能や画質の実力をレポートしていく。XP08シリーズだけの機能などについては当該部分で紹介する。

外観デザインは従来機を踏襲

「P50-GP08」と3Dメガネの「TP-AE3D200」。フレーム部分の右上に3Dのロゴマークが加わっている。3Dメガネは(視力矯正用)メガネの上からも装着できるタイプで、サイズバリエーションは1種類のみ 「P50-GP08」と3Dメガネの「TP-AE3D200」。フレーム部分の右上に3Dのロゴマークが加わっている。3Dメガネは(視力矯正用)メガネの上からも装着できるタイプで、サイズバリエーションは1種類のみ

 GP08の基本的なデザインについては従来機を踏襲しているが、スピーカー部などのデザイン処理に一部変更が加わっている。3Dメガネは別売で、液晶シャッター方式の専用3Dメガネ「TP-AE3D200」も同時に発売される。

専用の3Dメガネ。レンズ部分からテンプル(つるの部分)へのラインは厚めで、側部から入る光が目に入りにくくなっている 電源スイッチは左側の下部にある。スライドスイッチ式のため、ON/OFFの確認がしやすい
専用の3Dメガネ。レンズ部分からテンプル(つるの部分)へのラインは厚めで、側部から入る光が目に入りにくくなっている電源スイッチは左側の下部にある。スライドスイッチ式のため、ON/OFFの確認がしやすい
入出力端子は、右側面と背面に配置。HDMI端子などのほか、側面の上部には着脱式のHDD「iVDR-S」用の「iVポケット」も備える。500GBの内蔵HDDも背面上部の放熱口越しに確認できる 入出力端子は、右側面と背面に配置。HDMI端子などのほか、側面の上部には着脱式のHDD「iVDR-S」用の「iVポケット」も備える。500GBの内蔵HDDも背面上部の放熱口越しに確認できる

 外観や入出力端子などはほぼ従来機のままだが、内蔵HDDが320GBから500GBに容量がアップしている。本機は内蔵HDDのほか、独自規格のカセットHDD「iVDRーS」への録画に対応するほか、ネットワークダビング機能によりNAS(ネットワークHDD)へのダビングやムーブも可能。

 録画容量の心配は基本的にないが、それでも買った状態でそのまま使える内蔵HDDが大容量化されているのはお得感がある。録画機能に関しても従来機を踏襲しており、最長8倍のハイビジョン録画ができる点や、ダブル長時間録画に加え、地デジの裏番組の視聴も行なえるのは同じだ。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン