このページの本文へ

AQUOSクアトロンにBD搭載モデル登場

2010年09月30日 17時04分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「AQUOSクアトロン LB3」
「AQUOSクアトロン LB3」

 シャープから液晶テレビ「AQUOSクアトロン」の新製品「LB3」シリーズが発表された。52V型(予想実売価格50万円前後)と46V型(同42万円前後)の2ラインナップで、発売は11月15日の予定。

 LB3は4原色液晶パネルとLEDバックライトを搭載し、さらに記録型BDドライブを内蔵するオールインワン機種。BD再生が行なえるほか、BDおよび外付けUSB HDDへの番組録画(最長10倍)も行なえる。3D BDの再生とBDXLへの記録にも対応する。なお、HDDは内蔵しない。

「LC-46LB3」(左)と「LC-52LB3」(右)

 スピーカーは画面周囲に配置して音の定位感を高める「ARSS」と、2つのウーファーを対向配置することで余分な振動を低減する「DuoBass」を採用。「アクトビラ」「ひかりTV」などのネットサービスを利用可能なほか、DLNA(DTCP-IP)のホームネットワークにも対応。赤外線通信(IrSS)にも対応しており、デジカメなどからワイヤレスで画像などを転送できる。

本体側面にスロット型のBDドライブを搭載 本体側面にスロット型のBDドライブを搭載

 録画は長時間モードの倍率に応じてMPEGのノイズリダクション処理を最適な設定にし、かつAQUOSクアトロンならではの4画素サブピクセル制御により、ノイズリダクション処理で失われた精鋭感を復元する。これによりブロックノイズなどは除去しつつ、エッジなどの精細感は保たれる。

 また、あえてフリッカー感を出すことで昔のフィルム映像のような雰囲気を演出する「映画(クラシック)モード」では、新たに効果の度合いを調整できるようになった。加えてフィルター特性を見直し、微調整を行なったという。

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン