このページの本文へ

四本淑三の「ミュージック・ギークス!」 第31回

CDにする前の音楽データ、無料でどうぞ Denkitribeさんの挑戦

2010年07月24日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

いまアルバムを作ることの意味

―― そういう意味で、このアルバムの仕事としての価値はどうですか?

Denki いやー、いきなりすごい角度から切り出して来ましたねえ。

―― でも、やりたかったことではあるんですよね?

Denki そうですね。よく「何でアルバムを作るんですか」と聞かれはします。「今までのようにYouTubeに上げていればいいじゃない」と。でも作品として残したくなるんですよ。YouTubeに上がっているものは、その瞬間を切り出しただけなので。

「上がっているものは、その瞬間を切り出しただけ」

―― では、逆にアルバムの位置づけはどうなんですか?

Denki ポートフォリオが欲しかったんですね。「貴方は音楽をやっているらしいけど」と聞かれたときに、回答として示せるものがない。YouTubeを見ている人なら、すぐに分かると思うんですけど。

―― 平たく言うと「名刺代わり」のCDということですよね。大抵のアーティストにとってもそうだけど、決してそれで儲かるわけじゃないという。

Denki 確かにそうですね。

―― そういうものに、すごい手間暇をかけてしまったみたいですが。

Denki いやー、時間かかりますよ。よくミュージシャンって、アルバムなんて面倒くさいものを作るなって痛感しましたよ。

―― 単純に1曲にかかる時間を10倍すれば、10曲入りのアルバムが出来るわけじゃないんですよね。

Denki もう遥かにかかりますね。本格的に現実味を帯びてきたのが年明けくらいで、動き始めたのが4月、5月6月が真っ盛りという感じでした。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン