このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

夏休みをゲーム三昧で過ごすためのPC自作 第5回

キューブPCで萌えゲー三昧は可能なのか? そのスペックを見極める!

2009年07月25日 23時59分更新

文● Jo_Kubota

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

タイムリープぶーとべんち

公式サイト:http://frontwing.jp/product/timeleap/

タイムリープぶーとべんち

 ベンチマークの最後は、ニコニコ動画などでもおなじみの「タイムリープぶーとべんち」だ。設定は、すべてデフォルトで、解像度は1024×768、1280×960ドットで、どちらもWindowモードで実行している。その結果は、どちらも約100fps前後に落ち着き、当然ながら、かなり滑らかに動作している。タイムリープのような3Dモデリングのゲームでも、今回製作したキューブPCなら、パワフルに動作する。

タイムリープぶーとべんち

タイムリープぶーとべんち(単位:fps) better→

省スペース化しつつゲームも バリバリ遊べちゃうキューブ型PC

 今回構築したPCは、ゲーム向けPCとしては、ミドルレンジに属する。大抵のゲームは問題なく動作する。なにより、このサイズで、動作するのが大きな魅了だ。SP45H7とSN78SH7のどちらを選ぶかは、悩ましい選択だが、パフォーマンスを求めるなら「SP45H7」でIntel環境を、コストパフォーマンスを求めるならAMD環境で構築できる「SN78SH7」を選ぶとよいだろう。
 なお、両者に言えることだが、GPU温度は比較的高めとなるため、GPUクーラーのファン設定を変更できる場合は、少し高めに設定しておくと良い。ゲームをしない時は自動運転で静音に、高負荷のゲームをするときだけファンの回転数を上げる、というように使い分けよう。

キューブ型PCといえども、2スロットを占有するビデオカードを搭載できる。ハイエンドビデオカードを搭載しても問題ないが、GPU温度やケース内温度が気になる人はファンの設定を変えるといいだろう

 以上、様々なゲームPCを5回に渡って紹介してきたが、ゲームPCを選ぶ最初の基準はどんな場合でもビデオカードだ。もちろんCPUパワーもある程度は必要だが、ゲームにおいてはCPUにお金をかけるよりもビデオカードにお金を掛けた方が効率がよい。内蔵グラフィックスも年々パワーアップを果たしているが、やはり外部GPUの方が1ランクも2ランクもパフォーマンスは上であり、今後もゲームを考えるなら「まずはビデオカード」という状況は変わらないだろう。年末には、Windows 7が登場し、同時にDirectX 11対応のビデオカードもリリースされる見込み。だったらもう少し待つ?なんて思う人も多いかもしれないが、今プレイしているゲームがカクカクのまま、あなたは年末を待てるだろうか? PCパーツを買う鉄則は、欲しい時に買え!である。
 さぁ今すぐPCパーツショップに行き、「コレください!」と言おう。きっと夏休みをゲーム三昧、幸せに満喫できるはずだ。

【関連サイト】

【機材協力】

読者プレゼント

 カプコンのご厚意により、GeForce 9600 GTを搭載した玄人志向製ビデオカード「GF9600GT-E512HW/HD/GE」と、対戦格闘ゲーム「ストリートファイターIV」(PC版)セットにして、抽選で1名様にプレゼントいたします。

プレゼントは、8月9日を持ってご応募を締め切らせていただきました。たくさんのご応募ありがとうございました。

PC版「ストリートファイターIV」推奨ビデオカードに認定された玄人志向の「GF9600GT-E512HW/HD/GE」

カプコンの対戦格闘ゲーム「ストリートファイターIV」(PC版)

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中