このページの本文へ

Shuttle「SN78SH7」

Shuttle初のPhenom対応キューブが明日から発売!

2008年07月18日 23時50分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Shuttle製キューブPCとしては初のPhenom X4対応となる「SN78SH7」が明日19日から発売となる。

「SN78SH7」 ポップ
Shuttle製キューブPCとしては初のPhenom X4対応となる「SN78SH7」が明日19日から発売となる

 チップセットに「GeForce 8200」を採用するSocket AM2対応のこの製品は、Shuttle製キューブPCとしては初のPhenom X4対応となるのが特徴だ。
 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express x16×1、PCI×1、メモリがDDR2-DIMM×2(DDR2-800/667、2GBまで)。オンボードインターフェイスとして、VGA機能や8chサウンド、ギガビットイーサネット、IEEE1394、Serial ATA II×2、eSATA×2、IDE×1などを搭載。I/O部にはVGA/DVI出力を備え、付属品としてHDMI-DVI変換アダプターなどが付属する。本体サイズは325(D)×208(W)×189(H)mm。ベイ数は5インチ×1、3.5インチ×2で、電源は300Wタイプ。価格はクレバリー1号店とクレバリーインターネット館で3万9663円、アークで3万9780円、T-ZONE.PC DIY SHOPで3万9800円となっている。

内部 CPUクーラー
リヤ 本体サイズは325(D)×208(W)×189(H)mmと同社のキューブとしては大きめの部類。とはいえPCI Express x16を備え、電源は300Wタイプ。I/O部にはVGA/DVI出力を搭載し、付属品としてHDMI-DVI変換アダプターなども付属する

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中