このページの本文へ

Shuttle「XS35」

外付けHDDサイズのShuttle製小型ベアのサンプルが入荷

2010年07月27日 23時17分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CPUに「Atom D510」、チップセットに「NM10」を採用したShuttle製の小型ベアボーンPC「XS35」のサンプル品がショップに入荷した。

「XS35」
CPUに「Atom D510」、チップセットに「NM10」を採用したShuttle製の小型ベアボーンPC「XS35」。予価は1万8800円で発売日は未定

 全体がメッシュ構造となるユニークなデザインの「XS35」は、「Atom D510」のファンレス小型ベアボーンPC。本来サイズは385(W)×162(H)×252(D)mmというもので、外付けHDDと並べても遜色ない大きさといえる。
 ベアボーンとなるために、DDR2 SO-DIMM×1や2.5インチ対応ドライブ(HDD/SSD)、薄型光学ドライブ、OS、マウス/キーボード等は揃える必要があるものの、簡単な作業をするのであれば十分なマシンが出来あがるだろう。付属のACアダプタは40W仕様。予価はアークとT-ZONE.PC DIY SHOPで1万8800円となっている。

3枚おろし サイド サイド
3枚おろしのようになった「XS35」。サイドパネルは全体がメッシュ構造となるユニークなデザイン。付けHDDと並べても遜色ない大きさとなっている

※訂正:記事初出時、来週5日頃発売としておりましたが、メーカーの都合により発売日が未定となりましたので、記事を訂正しました。(2010年7月28日)

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中