このページの本文へ

企業システムを席巻する BI最新事情 第1回

10万円台から導入できるBIツール

2009年06月04日 06時00分更新

文● 企画報道編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 BI(Business Inteligence)といえば、数百~数千万円の導入コストを必要とする高価なシステムといったイメージがあるが、それが10万円台から導入できるソフトウェアの最新版が発表された。

Tableau Software 5.0

Tableau Software 5.0のWebページ

 エス・エス・エスの「Tableau Software 5.0」(タブロー ソフトウェア)は、米タブローソフトウェアの開発したBIツール。一般的なBIツールと違い、前述したとおり10万円台からと低価格である点と、ITやデータ分析の専門家ではない人も使い始められることが特徴だ。

 Tableau Softwareは現在、ワールドワイドで3万人がユーザーとなっており、国内では2008年11月に販売を開始。ギフトカタログ販売企業、サーバーホスティング企業、e-コマース企業、私立大学などに導入されているという。エス・エス・エスは、今後1年間で100社への販売・導入を目標にしている。

 今回発表された5.0では、前バージョンから60以上の機能追加がなされた。Tableau Softwareはデスクトップ製品とサーバ製品に分かれるが、それぞれの主な機能追加は以下の通り。

Tableau Desktop 5.0

アクションフィルター
特定のビューに対して行なったマウスアクションに他のビューが連動することで、複数の視点・確度からデータを分析できる。
クリップボードデータベース
クリップボードのデータをデータソースにできる。他のシステムから取り出したデータをすぐに連係させたい際に役に立つ。
2軸複合グラフ
同一ビュー上に、2つの軸を表示できる。「売り上げ」と「利益」の一定期間内の推移を1つのグラフで表わす場合などに使える。

Tableau Server 5.0

スケジューラー
データソースの自動リフレッシュ機能。夜間バッチでレポートを最新化し、検索によるデータベースへの負荷を軽減する。
分散サーバーコンポーネント
複数のTableau Serverをクラスタ化。負荷分散が可能になる。
SSL対応
SSL対応によって、分析データ共有の際などに、よりセキュアな環境を提供。

 価格は、Tableau Desktopが10万9890円/1ユーザーから。Tableau Serverは、データ分析が可能な「Web Client Interactor」が11万円/1ユーザーから、データ表示のみができる「Web Client Viewer」が2万2000円/1ユーザーからとなっている。


■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ