このページの本文へ

最強のVGA機能統合型チップセット“Intel G965 Express”を搭載する初のLGA775対応マザーボード「PDSBA」がSupermicroから明日発売予定!!

2006年08月03日 21時13分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテルのVGA機能統合型の新型チップセット“Intel G965 Express(以下:G965)”を搭載する初のLGA775対応マザーボード「PDSBA」がSupermicroから明日発売される予定だ。今日からサンプル版の展示を開始したUSER'S SIDE本店では価格2万7090円で販売されるとのこと。

PDSBA
インテルのVGA機能統合型の新型チップセット“Intel G965 Express”を搭載する初のLGA775対応マザーボード「PDSBA」

 “G965”はすでに発売済みの“P965”にVGA機能を加えたモデル。今週末5日に発売が予定されているCore 2 Duoシリーズに対応するVGA機能統合型の新型チップセットだ。この手のVGA機能統合型チップセットはご存知の通り毎回新CPUの投入に合わせて発表されていたが、今回“G965”が内蔵する“Intel Graphics Media Accelerator X3000(以下GMA X3000)”はDirectX 9.0c世代のプログラマブルシェーダ3.0に対応しOpenGL 1.5もサポート。従来の“i945G”がもつVGA機能より大幅に強化された印象で、秋葉原のショップ関係者の間でも「ATIやNVIDIAが発売しているローエンドモデルのビデオカードが売れなくなるのでは……」という声も聞かれるほどだ。

ポップ
従来の“i945G”がもつVGA機能より大幅に強化された“G965”。“Intel Graphics Media Accelerator X3000”はローエンドモデルのビデオカードを脅かすほどのパフォーマンスという話

 明日4日に発売予定の「PDSBA」はその“G965”にSouth bridge“ICH8”を組み合わせたATXフォームファクタの製品。拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x4×1、PCI Express x1×1、PCI×4という構成で、メモリスロットはDDR2-800/667/533対応のDIMMを4本(最大8GBまで)装備。オンボードインターフェイスにはVGAやギガビットイーサネット(Intel/82573L)、8チャンネルサウンド(Realtek)、Serial ATA II×4などを備える。なお写真のマザーボードはサンプル版のためSerial ATAポートが6基とIDEポートを2基備えるが、製品版ではIDEは1基も用意されていないので注意が必要だ。

I/O部 South
オンボードインターフェイスにはVGAやギガビットイーサネット(Intel/82573L)、8チャンネルサウンド(Realtek)、Serial ATA II×4などマザーボードはサンプル版のためSerial ATAポートが6基とIDEポートを2基備えるが、製品版ではIDEは1基も用意されていないので注意が必要だ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ