AGP対応ビデオカードこだわり派は注目? “i865PE”搭載でCore 2 Duoシリーズに対応するLGA775対応マザーボード「ConRoe865PE」がASRockから!

文●増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 “P965”が登場した現在、旧世代のメインストリーム向けインテル製チップセットともいえる“i865PE”だが、同チップセットを搭載しながらもCore 2 Duoシリーズに対応するというLGA775対応マザーボード「ConRoe865PE」がASRockから発売された。

ConRoe865PE ConRoe865PE
“i865PE”搭載でCore 2 Duoシリーズに対応するLGA775対応マザーボード「ConRoe865PE」。製品名にはCore 2 Duoのコードネーム“Conroe”の名 考えられるメリットとしてはネイティブでAGP 8Xをサポート、メモリはDDR SDRAM対応、最近では珍しくなった5本のPCIスロットなどの点

 今更ながら「なんで865?」と言いたくもなるが、考えられるメリットとしてはネイティブでAGP 8Xをサポート、メモリはDDR SDRAM対応、最近では珍しくなった5本のPCIスロットなどの点が挙げられる。Core 2 Duoとマザーボードさえ揃えれば「とりあえず後は余っているパーツを流用しとこう」などといったことを考えているユーザーと、AGP対応ビデオカードを愛してやまないユーザーにはオススメ?かもしれない。
 主な仕様は拡張スロットが前述の通りAGP×1、PCI×5、DDR DIMM×4(FSB1066MHz時はDDR400使用が条件。要するにCore 2 Duoで使用する場合はDDR400対応メモリが必須となる)。オンボードインターフェイスには100/10Base-TXイーサネット(Realtek/8101L)や8chサウンド(Realtek/ALC850)、South bridge“ICH5”によるSerial ATAを2ポートなどを装備する。今日から販売しているアークでは価格8980円となっている。

E4xxx 注意書き
“Conroe”対応の記載とともにE4xxxシリーズという謎?の型番も明記されている FSB1066MHz時はDDR400使用が条件。要するにCore 2 Duoで使用する場合はDDR400対応メモリが必須となる
ICH5 I/O部
オンボードインターフェイスには100/10Base-TXイーサネット(Realtek/8101L)や8chサウンド(Realtek/ALC850)、South bridge“ICH5”によるSerial ATAを2ポートなど
【関連記事】
【取材協力】

この記事の編集者は以下の記事もオススメしています

過去記事アーカイブ

2020年
01月
02月
06月
07月
08月
09月
10月
2019年
01月
02月
04月
05月
07月
08月
09月
10月
11月
2018年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2017年
01月
02月
03月
04月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2015年
02月
04月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2014年
02月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2013年
01月
05月
06月
07月
10月
11月
12月
2012年
01月
03月
04月
05月
06月
08月
09月
10月
11月
2011年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2010年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2009年
04月
08月
10月
2008年
01月
02月
2007年
02月
03月
06月
07月
08月
11月
2006年
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
2005年
07月
10月
2004年
08月
09月