このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

山谷剛史の「中国IT小話」第31回

中国で話題を集める自作ケータイ&デジカメ「山寨機」

2008年09月04日 09時00分更新

文● 山谷剛史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ノンブランドMP3プレーヤー
MP3プレーヤーではすでにノンブランド製品が浸透している。いずれ携帯電話もこんな風に売られるのだろうか……

 中国では、上海や北京のようなリッチな地域を除いて、自作PCがメーカー製PCよりも人気だ(関連記事)。

 最近では日本でも「格差社会化が進んでいる」と言われるが、中国は日本どころでない格差社会である。リッチな人間はアップル製品だ、ソニー製品だとブランドモノに走る。一方で「将来への投資のため、どうしてもIT製品が欲しい!」という月収2万円未満の人々もいて、彼らは、中国メーカーの製品や、自作 PCをはじめとしたノンブランドマシンをやむなく購入する。

 簡単に言えば「ブランドを持っている人は偉い」という、かつての日本のような風潮が中国ではあるのだ。



中国でブームとなった「山寨機」


 所得の少ない人々のためのノンブランドなIT製品といえば、今まではデスクトップPCやMP3プレーヤー(関連記事)だった。しかし、今年に入り中国語で「山寨機」と呼ばれるノンブランドの携帯電話機やデジカメが登場した。

ノンブランドケータイ
B2Bサイトのアリババ中国で取引される山寨機こと、ノンブランドケータイ

 山寨機はブームになり、IT誌にも大きく取り上げられた。これはデジタルガジェット好きの間での小さなブームにとどまらず、(特に携帯電話機については)国営テレビCCTVで取り上げられるほど、一般的な生活シーンの中に溶け込んでいる。

ノンブランドデジカメ
同じくアリババ中国で取引される、ノンブランドデジカメ

 ノンブランド携帯電話機の特徴としては、「自作だし税金も納めないので安価」「多機能」「豊富なデザイン」ということが挙げられる。反面、ネガティブな面としては「製品に保証が付かない」「欠陥品が多い」「製品の消費電力と電池の電力の不一致からくる安全面での不安」「デザインが自由ということからメーカー製ケータイのパチモノが多いこと」が挙げられる。

 簡単に言ってしまえば、(未保証ながら)「人気の外国メーカー製ケータイにそっくりな多機能ケータイが安価で買える」わけだ。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン