このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

2008年夏ケータイを選ぶ第13回

触って分かった!au夏ケータイをどーんと紹介

2008年06月05日 15時34分更新

文● 正田拓也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
発表会会場
夏モデルはカラフルでデザイン性の高い端末が多い

 KDDIのau夏モデルは全12機種(関連記事1関連記事2)。今期は「ビデオ」、「スポーツ」、「チェンジ」の3つがテーマだ。それぞれのテーマに沿った代表的な新機種は、Lismo Videoに対応し、映像再生を重視した「Woooケータイ W62H」、スポーツ機能にフル対応した「Sportio」、外見でなく中身もまるごと変更できる「フルチェンケータイ re」となる。

 展示されていた端末を触って分かった特徴や魅力をお届けしよう。



高画質動画を楽しめる「Woooケータイ W62H」


Woooケータイ W62H
Woooケータイ W62H

 2WAYオープンスタイルの「W62H」は、有機ELディスプレーによって、LISMO Videoやワンセグを楽しめる。ワンセグを通常の倍のフレーム(毎秒30コマ)で再生する「なめらかモード」を搭載。一般的なワンセグのコマ送りのような動画とはひと味違った再生が可能だ。ハイスペックモデルという位置付けで、外装も高級感がある。

W62H 1
横画面を実現する2WAYオープンボディー。閉じた状態から液晶が横向きになるように開閉できる。横向きにしたときにアンテナが上側にくるため、机やテーブルに置いた状態で、ワンセグの受信がしやすい。発表会にゲストとして訪れた映画評論家のおすぎさんは、W62Hの動画をほんの数秒見ただけで、画面のきれいさに驚いていた
W62H 2 LISIMO Videoのサンプルとして、海外ドラマ「24」の第1話がプレインストールされる。ワンセグ以上にスムーズな動きの動画再生だった
W62H 3
シルバーモデルは、マジョーラ塗装によって角度によって色合いが変化する

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン