このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

2008年夏ケータイを選ぶ 第13回

触って分かった!au夏ケータイをどーんと紹介

2008年06月05日 15時34分更新

文● 正田拓也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

普段使いにやさしい「W62K」


W62K

W62K

 普段使いにやさしいという「シンプル&フレンドリーケータイ」。「でか文字」や大きめのキーなどを採用する。騒音のある場所でも使いやすい「でか受話音」を装備。「家庭の医学」「ケータイ!健康録」などをプリインストールする。

W62K 1

カラーはペールアイボリー。メタリック調のペイントと、分厚いクリア層によって仕上げられている。全体的にビビットな色でなく、落ち着いたカラーが用意されることから、対象ユーザーの年齢層も高めなのだろう

W62K 2

フレームレスキーを採用するが、キー表面はフラットでなく、しっかりとキーの区別があるため、押し間違いは少なそうだ



唯一のストレートタイプ「W63K」


W63K

W63K

 薄さは10.8mmのストレートケータイ。幅を47mmと狭めにすることで、長時間のメール打ち込みや通話でも疲れにくいとしている。サイドには誤動作防止キーを装備する。折りたたみタイプの「W62K」と同様、「家庭の医学」「ケータイ!健康録」などをプレインストールする。

W63K 1

今回発表された機種の中では唯一のストレートタイプである。薄型でサイズが小さいものの、適度に角ばったデザインで、キーも大きめのため、使いにくくはなさそうだ。発話、終話キーに突起をつけるなど、使いやすさにも工夫がある



デザイン一新の「簡単ケータイ W62PT」


W62PT

W62PT

 「簡単ケータイ」に磨きをかけ、今回のモデルはデザインにも力をいれている。キーが光って操作を手助けしてくれる「光で操作ナビ」を搭載するなど、より使いやすくなっているという。

W62PT 1

1、2、3、のワンタッチキーなどは従来モデルを踏襲する。今回は発表会に実機が間に合わなくモックアップのみの展示のため、実際の使い心地や「光で操作ナビ」を体験することはできなかった

W62PT 2

サイドの「メモ」や「読上げ」キーも日本語の大きい文字で表示される。アイコンよりも文字で書いてあったほうが理解しやすい人も多く、使いやすくなっている


■関連サイト

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン