このページの本文へ

2008年夏ケータイを選ぶ 第13回

触って分かった!au夏ケータイをどーんと紹介

2008年06月05日 15時34分更新

文● 正田拓也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

全部入ったニュースタンダード「W62T」


W62T

W62T

 ワンセグ、おサイフケータイ、LISMO Video、Run&Walk、内部メニューを交換できる「ナカチェン」など、ひととおりの機能を持ち、3.2メガピクセルのカメラを持つ“ニュースタンダードケータイ”。ワンセグ映像は東芝の薄型テレビ「REGZA」で培った技術を採用しているという。ボディーは指紋が付きにくいアルミパネルを採用している。

W62T 1

シンプルな外見を持ち、つや消しのアルミ外装で、指紋が付きにくい。特に発表会場では、多数の人に触られるため、表面がつやありの携帯電話は指紋がベタベタ。その点W62Tは何人に触られてもきれいな外装を保っていた。

W62T 2

内部のキーはフラットなタイプ。クリック感があるため、押しにくいという印象はない。キーの隙間にゴミなども溜まらないため、清潔に維持することもできそうだ。



使いやすさ+ワンセグの「W64K」


W64K

W64K

 使いやすさにこだわったというワンセグ対応ケータイ。ワンセグはボタンひとつですぐに起動する。「1」、「2」、「3」キーの長押しによるワンタッチダイヤルや、2メガピクセルのオートフォーカスカメラなどを搭載している。ボディーはハーフミラー状で、内部のイルミネーションやサブディスプレーが浮き上がる。

液晶を反転させた状態で手前のTVボタンを押すとすぐにワンセグのテレビ受信が始まる。ただし、TVボタンは小さく、TVのマークの刻印も小さいため、説明なしには使いにくそうだ

W64K

時計や赤いLEDのイルミネーションはハーフミラー状の外装パネルから透けて見える

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン