このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

2008年夏ケータイを選ぶ第11回

ふたつの顔を持つ「WILLCOM 03」発表

2008年05月26日 18時00分更新

文● 小林 久/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ウィルコム(株)は26日、W-ZERO3の後継機種となるスマートフォン「WILLCOM 03」(WS020SH)を発表した。発売は6月下旬(ウィルコムファンサイトの関連記事)。

WILLCOM 03
WILLCOM 03

 価格は、W-VALUE SELECTで一括払いした場合で6万3120円。ただし2年契約で毎月1150円が通信料から割り引かれるため、実質的な負担額は3万5520円になるとしている。



タッチパネルを使用した独特の操作感


 従来W-ZERO3ブランドで転換してきたシリーズ名を変更。W-ZERO3の集大成、完成形であるという意味で「03」を型番に加えている。さらに、通話、メール、ウェブの3つの点を強化。敷居の高さを感じさせないスマートフォンもコンセプトに掲げている。

2モードのセンサーキー
左がダイヤルキーモード、右がカーソルキーモード。タッチパネルを応用して2つの顔を持たせた特徴的なコンセプト。テンキーを表示させるとカーソルキーの部分が液晶パネルの下側に移る

 外観はディスプレー面の凹凸をなくした特徴的なもの(フルフラット・サーフェース)。3インチのワイドVGA液晶パネル(480×800ドット)の下側(縦位置時)にはタッチパネル式の操作部が用意されているが、ここが用途によって、十字ボタン(カーソルキーモード)と10キー(ダイヤルキーモード)の2種類に切り替わる。

 画面上のキーに触れた際には、バイブにより擬似的なクリック間を実現。これは最近韓国LG電子社から発表された「PRADAフォン」など、フルフラットな画面のケータイでは一般的になりつつあるギミックだ。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン