このページの本文へ

BONX GRIPがモデルチェンジしてパワーアップ

ハードな現場のビジネスニーズに対応 イヤホン型次世代トランシーバー「BONX BOOST」

2021年07月08日 09時00分更新

文● 戸津弘貴 編集●ASCII STARTUP

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 BONXは、チーム向け音声コミュニケーションプラットフォーム『BONX』専用のBluetoothイヤホン「BONX BOOST」を6月7日に発表した。スノーボードなどのエクストリームシーンでも会話ができるコミュニケーションプラットフォーム「BONX GRIP」の次世代バージョンとして、クラウドファンディング「GREEN FUNDING」にて9月5日まで支援を募集している。

 今回、新製品発表に合わせて、ビジネスワーカーでの利用拡大の現状をBONXの担当者に聞いてみた。

10時間超の連続通話、小型軽量化、拡張パーツ対応

 BONX BOOSTでは、左右両耳への対応、重さ約10gの小型軽量化、連続通話時間10時間以上といった機能強化がなされている。

 バッテリーを内蔵した充電対応ケースや、ユニークな形状でフィッティング力をアップするなど、随所に工夫が凝らされている。充電はマグネット式でケースに収め、ケースはクレードルで充電する方式。延長マイクや風防フィルターなどオプションパーツも取りそろえられた。

 小型でバッテリーが持つのはもちろんだが、BONX BOOSTの形状と機能にはまだ特徴が2つある。

 ひとつは上下対象で、左右両耳で使えるようになったということ。重力センサーが搭載されていて、どちらの方向を向いているかを認識。本体が反転しても操作性が変わらないという。

 

 もうひとつは、IP55基準の防塵防水性能を持ち、アウトドアレジャーだけでなく、工事現場、建設業者向けなどの業務用にも対応する。

 法人需要を見込んで、8イヤホン充電可能なクレードル(充電だけでなくファームウェアアップデートも可能)も用意されている。

4年ぶりモデルチェンジの理由は?

 従来バージョンのGRIPは4年前のモデルになった現在、もともと想定していた個人ユーザー以外の法人からの問い合わせ、要望が増えてきたという。なかでも、終日の業務に対応できるよう、バッテリーの持ちを長くしてほしいというニーズが多かったのだという。また、GRIPだと右耳のみの対応で、自転車を運転している際に車道側の耳を開けたいというニーズなど、左右両対応のニーズは以前からあった。

 従来充電は1回およそ7時間可動だったため、業務利用だと昼休みに一度充電するという運用になることが多く、デイリーの用途で充電回数を重ねると消耗して持ちが減ってしまうのも難点だった。BOOSTの10時間利用という設定には、1回の充電で1日の業務時間中で使えるようにというニーズが背景にある。また、完全ワイヤレスイヤホン単体で10時間可動できるものはまだまれだという。

自転車での利用イメージ

 これまでBONXがビジネスで使用された環境としては、小売店や工事現場など騒音環境での利用が多かったため、BOOSTではマイクなども改良が加えられている。延長マイクを用意しているのは、特に騒音が強い工事現場での利用への対応だ。

 さらに、イヤーチップは、汎用的なものが使えるようになっており、カスタムチップなど他社のものも使えるようになるため、遮音性や外音をどれだけ取り入れたいかなどは、その種類で調整できるようになるという。

 また、旧モデルのユーザーも、ハードウェア依存の機能以外はファームウェアのアップデートで新機能を使用することができるとしている。

建設現場での利用イメージ

パートナー企業からのリクエストに対応した新製品

 まずはクラウドファンディングで認知を広げ、支援者への発送がひと段落したら一般販売へ移っていく形だ。

 コンシューマーではスポーツ利用(ウィンタースポーツなど従来のユーザーを中心に)が多いが、全体でいうとパイの問題で法人ユースのボリュームが多くなる。コンシューマー向けでも根強い人気があるが、それ以上にビジネスユースでの引き合い多い状態だという。

スノーボードでの利用イメージ

 BONX自体がスノーボードなど過酷な環境で利用することを前提で作られたため、ハードな現場でも使えるのではないかという理由で問い合わせが多かったためだ。多くは既存のトランシーバーからの入れ替えで、シーバーは本体とヘッドセットが有線なので、スマホ+ワイヤレスのBONXは有利となっているようだ。

 ビジネスでの利用事例も幅広い。プラントメーカーがプラントメンテナンス用に、ウェアラブルカメラなどとパッケージングして取り扱うなど、システムのコンポーネントとして採用されているケースもあるという。

 また、カメラとAIを交えた来客通知システムでは、来社する顧客の車のナンバーを解析して、サービス向上をはかったりする業務システムとの連携もあるという。老舗百貨店の松屋でも、オーダースーツの採寸にBONXを導入し活用している(参考記事:グループ通話ガジェット開発のスタートアップと老舗百貨店の化学反応が功奏

 こういったシステムは、BONXがAPIを提供してパートナー企業側でカスタマイズするケースが多いという。今回の新製品も、パートナー企業からのリクエストなどにかなり対応しており、ビジネス用途での採用が広がることを期待しているということだ。

※本記事は、プロジェクトオーナーのプロジェクトが必ず成功することや、プロジェクトの品質、リターン内容を保証するものではありません。プロジェクト進行中に関するトラブル、返金要求、リターン返品要求はプロジェクトオーナーの責任のもと行なわれます。プロジェクト不成立時には製品が届かなかったり、返金が受けられないなどのリスクがあります。出資は自己責任でお願いします。

「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」配信のご案内

ASCII STARTUPでは、「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」と題したメールマガジンにて、国内最先端のスタートアップ情報、イベントレポート、関連するエコシステム識者などの取材成果を毎週月曜に配信しています。興味がある方は、以下の登録フォームボタンをクリックいただき、メールアドレスの設定をお願いいたします。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ