このページの本文へ

四本淑三の「ガレージ・ギークス!」 第4回

タイヤ交換はクールでセクシーに

2021年04月18日 12時00分更新

文● 四本淑三 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

■安売りの十字レンチとはここが違う

 ホームセンターで売られている十字レンチと違うのは、まずハンドルが軸中央を貫通しているので回転ぶれが少ないこと。普通の十字レンチは金属棒をバッテンに重ねて溶接しているため、偏心してしまいスムースに回せないのだ。おまけにスライドハンドルのセンターを正確に出すためロックボタンまで付いている。

 そのスライドハンドルも楕円状に整形され、力を込めた際の空転を防ぎ、かつ回転方向への剛性も稼いでいる。これぞ機能美。この部分を眺めているだけで私はワインのボトル半分くらいはいけてしまう。

 そしてハンドルを外せばコンパクトに収納できるから、十字レンチのようにはかさばらない。そのための収納袋と17/19/21mmいずれかのソケットと合わせて、実売価格は8000円前後。安いとも言えないが、私は高いとも思わない。

 実はTONE(トネ)にもほぼ同じ機能を果たすスピードクロスレンチ「SCH40」という製品があるし、そもそもKo-Kenにも「4711X」という標準品が存在する。その標準品をちょちょいとバージョンアップしてZ-EALっぽくしたのが、この4711XZなのだ。

 もちろんTONEやKo-kenの標準品の方が安く買えるのだが、これは「Z-EAL」っぽいところにこそ工具好きにとっての意味があるのだ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ