このページの本文へ

四本淑三の「ガレージ・ギークス!」 第4回

タイヤ交換はクールでセクシーに

2021年04月18日 12時00分更新

文● 四本淑三 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

■合体トランスフォーム型工具 Ko-ken Z-EAL「フリーターンクロスレンチ」

 これはもう一見してクールな工具だ。山下工業研究所、略してKo-ken(コーケン)「Z-EAL(ジール)」シリーズのフリーターンクロスレンチ「4711XZ」。カッコいい!

 空転式のグリップを持つクロスレンチで、着脱式のスライドハンドルをシャキーンと伸ばすと、テコを使って大きなトルクをグイッとかけられる。ナットが緩んだらハンドルをセンターに戻してクルクルクルと早回し。ラクして素早く作業できる合体トランスフォーム型工具なのである。

 ただの十字レンチじゃないかと言うなかれ。この工具の魅力はディテールに宿っているのだ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ