このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

四本淑三の「ガレージ・ギークス!」 第8回

ガレージがないならヘッドホンを買えばいいじゃない クルマいじりにGRADO「GW100」

2021年06月05日 09時00分更新

文● 四本淑三 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ガレージを持たないクルマ好きの皆さん、ごきげんよう!

 こんな連載タイトル(ガレージ・ギークス)でありながら、うちにはガレージがない。もちろん欲しい。しかし先立つものがない。その打開策としてヘッドホンを買ってみたのだ。なんだそれ?

 そのお答えはひとまず差し控えさせていただくとして、買ったのはGRADO(グラド)の「GW100」というBluetoothヘッドホンだ。これが聞いて驚け。なななーんと、開放型なのだ!!!!

 「きゃーっ!!!! それはすごーい!!!!」とエクスクラメーションマーク倍返しで応えてくれる人もなかなかいないと思うが、正確に言うと半開放型で、完全な素通しではない。それでもBluetoothの取り合わせはとても珍しく、他にはKOSSの「Porta Pro Wireless」や、初代ウォークマンの付属品チックなJLAB「Rewind」があるくらい。いずれもアメリカのブランドで、日本のメーカーのラインナップにこの組み合わせはないのだ。

 なぜかと言えば、スマホで使うヘッドホンはBluetoothが当たり前となり、そうしたモバイルオーディオの主戦場は通勤通学の公共交通機関だから。そこに振動板の後ろ半分剥き出しの開放型を持っていくと鋭い殺意が向けられるからである。

 そんな日本の環境では生息できない希少外来種に私が歓喜するのは、決して満員電車で殺されたいからではない。屋外作業におけるパーソナルスペースの確立。すなわち「仮想ガレージ」が形成できることにある。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ