メルマガはこちらから

PAGE
TOP

都市空間情報プラットフォーム「Project PLATEAU」、全国56都市の3D都市モデルを整備しユースケース公開

 国土交通省は3月26日、同省が主導する日本全国の3D都市モデルの整備・活用・オープンデータ化事業「Project PLATEAU(プロジェクト プラトー)」にて、2020年度の事業として全国56都市の3D都市モデルの整備を完了したと発表した。

 Project PLATEAUは国土交通省が進める、まちづくりのデジタルトランスフォーメーション(UDX)を推進するための事業。日本全国の3D都市モデルを整備し、オープンデータとして公開。誰もが自由に都市のデータを引き出すことが可能となり、防災、まちづくり、AR・VRなどさまざまな場面で活用できるとしている。

 整備されたデータは一般社団法人社会基盤情報流通推進協議会の「G空間情報センター」にて順次公開され、全国に先駆けて東京都23区の3D都市モデルのオープンデータが公開された。また、3D都市モデルやユースケースとして開発された一部データは、公式ウェブサイトにてプレビュー可能。

 公開されたユースケースは、どのように3D都市モデルを活用するかを地方公共団体、民間企業、大学・研究機関ととパートナリングを行なうことで進めた実証実験で、「都市活動モニタリング」、「防災」、「まちづくり」、「新サービス」のカテゴリーを設定して26の実証実験結果を公開している。

 

「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」配信のご案内

ASCII STARTUPでは、「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」と題したメールマガジンにて、国内最先端のスタートアップ情報、イベントレポート、関連するエコシステム識者などの取材成果を毎週月曜に配信しています。興味がある方は、以下の登録フォームボタンをクリックいただき、メールアドレスの設定をお願いいたします。

■関連サイト

編集者のオススメ記事