このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

石川温のPCスマホニュース解説 第104回

「ahamo」2700円は魅力だが、知らずに契約すると困ることも

2021年03月09日 09時00分更新

文● 石川温 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモは3月26日からスタートするオンライン専用プラン「ahamo」を2980円から2700円に値下げすると発表した。これにより、4月から始まる消費税の総額表示義務化においても「2970円」となり、3000円を超えない金額でアピールすることが可能となる。

 3キャリアのオンライン専用プランにおいては、とにかく3社が横並びで比較されることが多い。povo、LINEMOともに基本プランは2480円(税込2728円)であるため、ahamoとしては3000円を超えると見劣りがする。そこで、280円値下げすることで、3000円を切る金額を訴求できるようにしたのだろう。

 すでにahamoの先行エントリーは160万件を突破しているという。確かにNTTドコモのネットワーク品質を2970円で利用できるというのは相当、魅力があるものの、「自分の使い方にはちょっと合わないかも」という声もいくつか聞かれている。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン